私のブログリンクにもある〈~歩む会andante~〉のブログ主さんのこと。

脳性麻痺当事者の彼女がこの度ニュースの特集で取り上げられたということで、ブログからお借りしたリンクをこちらでシェアさせてもらいます。

坪田佳奈さんは現在、社会福祉士さんでいらっしゃいますが、脳性麻痺当事者として今まで全国色々な場所で、当事者会を主催されています。

私は彼女が脳性麻痺当事者会を行ったりメディアに取り上げられる前にSNSを通じて知り合いましたが、早いもので今年で7年以上経つかな?

知り合ったばかりの頃はお互いの周囲に脳性麻痺当事者が居なく私もまだ自分が脳性麻痺だと知ったばかりの時期だったので、年齢の近い彼女と知り合いモヤモヤを語り合ったのは心強いことだったと思います。

知り合った何年も前に彼女がもっと落ち込んでいた時期も知っているので、当事者会を行ったりいつの間にかメディアに出るようになったり、社会福祉士の資格を取得したりと、日々色々なことに挑戦する姿を拝見し、本当に前向きに、そして元気になって良かったなぁと思っています。

私も学校は普通学級を卒業していること、二次障害発症が20歳前後であること、20歳で病名が脳性麻痺であると告知されていること、軽度の障害は理解されにくいことなど、坪田さんとの共通点が幾つかあります。

だからお互いに脳性麻痺 あるある話に花を咲かせてきたのかもしれませんが、それ故に感慨深いものがあり何度も動画を見てしまいました 笑

お借りした動画は2017年5月12日(金)に放送されたようですが、そこから10日間は、サイトリンクから県外でも視聴可能となっているようです。

あと6日間かな?
ぜひご覧下さい。

脳性麻痺は障害程度が幅広いため動画はあくまでも一事例ですが、これが更に脳性麻痺を知ってもらう機会になればいいなと思っています。


それにしても私の友人知人の障害当事者はみんな本当に頑張ってる!

素直に凄いです!
私も頑張ろう☆
[PR]

久々に就職のことを。

ダメだ最近涙腺弱い!
うーっT^T心苦しい…。

何だろう。

恩を仇では返したくないの。
絶対に。それだけなんです。

そんなこと言っても、私の気付かないところでもう仇で返してるかもしれないしあとから何を言っても綴っても誤解を受けるだけかもしれないから、ブログではこれ以上はうまく説明できないのがもどかしいのですが、

学生時代に就職活動をしていた頃を久々に鮮明に思い出し、いかに沢山の方にお世話になり今があるのかと、感謝の思いが溢れたんです。

落ちても落ちても「雑念を捨てて前向きに」と、次から次への課題にもめげずに取り組め、忙しくも充実した毎日を過ごすことが出来たのも、本当に私に関わって下さった方々の力強い支えのお陰だったんだよなぁと。

20代最後の今年こそは。

今まで所々に頑張って残してきたはずの点を、しっかり線で結びたい。
いっぱいいっぱい力になってくれたのに、何も返せないでごめんなさい。
[PR]

こんにちは!
昨日の夜からの雨で全身がズキズキしています…

さて。

5日の夜から、色々思ってはポロポロポロポロ。
疲れてるのか?勝手に五月病にしておきます^^;

何で5日かって?
GW毎年恒例の親戚との集まりで色々思ったから。

比べなくてもいいのにね。
身内だからこそなのかな?

高校を卒業した辺りから今までの10年間は障害のことで泣き通しだったから、今はもう涙は枯れ果ててどんなことがあっても泣かないし、むしろあだ名が“ミタさん”になったくらい感情の抑揚を無くしたこともあったから(笑)今回も涙がこぼれてくるなんて思ってなかったけど、やっぱり深層心理では思ってることもあるのか、ふとした時にホロホロ来るんだなって。

それでこんなこと思って。

「我が子には障害があるんだ」と認めて、それでも「健常児のようになるべく普通に育ててたい!」というのと、目の前に障害児がいるのにそれを一切見ないようにして何のフォローもなく、「とにかく健常児と足並みを揃えて!」とむりやり合わないカリキュラムに押し込むのは、全然違う。

自分を普通に見なしてくれるのはありがたいけど、あまりに障害を認めてくれないと、「私は私じゃない!」って言われているように感じてしまう。
「私はとっくに障害を受け止めたり受け入れたり、乗り越えたりする準備はできているのに、向き合えてないのは、私のほうじゃないのに」って。

それは苦しいですよね。

そんな心境だったから、
小林麻央さんのブログ、

色々考えてしまうことに、心で負けないように。
先のことより生かされている今日が一番大事。

言葉に助けられました。
それから、たまたま見つけた曲も良い歌で、寝る前に聞き入ってます。



別にモヤモヤは何てことないんですけどね、記事にしてみました( ´▽`)

[PR]
c0331680_20092042.jpg


先日、今年も無事に祖父母から筍を貰えたので、煮物にしてみました。

(去年のはコレ)


去年はもう少し早く貰って筍ご飯にしていたけど今年は連絡すらなく、そもそも掘りには行ったのか行かなかったのか、ハテナ?な時間が過ぎ…

たまたま掛かってきた電話で「今年は筍ないの?」って聞いちゃった 笑

そしたら、「今日取りに来ればあるよ」って。なんだよ、あるのかよ 笑!
「あるの?じゃあ今から行くねー♡」って、沢山貰って来ちゃいました 笑

母のLINEに「ayanoさんが筍筍うるさいので今から取ってきます」と 笑
だって春だしね、やっぱり一年に一回は掘りたてを食べたいですよね。

あ。

掘りたてと言っても、祖父母が掘ってきたものを貰っただけで、「一緒に掘りに行く?」っていうお誘いは、家族皆、しっかり断っておきました 笑
下処理も面倒臭いし、どこまで皮を剥いたらいいか分かりづらいので。

祖母が「良かったね~!今年も筍食べられて!」と。本当ありがとう 笑
買ったら高くなっちゃうし市販の水煮は美味しくないし、毎年感謝です。

(フキはくれず 笑)

で、煮物に。
レシピを(^^)

水煮たけのこ・・・・・・・350g
水・・・・・・・・・・・・・・・400ml
粉末だし・・・・・・・・・・4g1包
砂糖・・・・・・・・・・小さじ4杯
酒・・・・・・・・・・・・大さじ1杯
みりん・・・・・・大さじ1杯半
醤油・・・・・・・・・・大さじ2杯

アルミホイルの落し蓋で味が煮含まれるまで中火弱で20分位かなぁ?
甘めが良ければ、醤油を1杯半、みりんを2杯にすると良いのかも(^^)
簡単に、麺つゆを水で割って砂糖入れて好みの味しにても良いですね。

祖母に写真見せたら、「何これ?リンゴ煮たのかと思った。あんまり筍には見えないね」って言われました。木の芽買ったのは感心してたのに 笑

そうかな?

写真に穂先を載せなかったので筍に見えないのかもしれませんが、下側は斜め薄切り等にしないと繊維が邪魔して柔らかく煮えならしいです。
確かに、下側を大きめのぶつ切りにしてしまった私よりも、小さめの乱切りとか斜め薄切りにしていた祖母のほうが、柔らかく煮えていましたね。

余った筍は混ぜご飯に。

「筍・にんじん・油揚げ・しいたけ・しめじ・絹さやって全部具材を細切りにすると、なかなかご飯と馴染まずお箸では取りにくいね」って話しました。

「調べてみると、具材はさいの目切りやみじん切りにされてるのが多いのはそのほうがご飯に馴染むし、普段はこんなに沢山の筍を加えられるほどは無い家のほうが多いから、普通は小さくしちゃうんだろうな」って。

確かに1kg以上も貰えて自由に使えるって、なかなか無い贅沢ですね♡

今年も筍の切る方向がなかなか分からず、向きを間違って切ってバラバラにしないように!と、まな板の上でクルクルクルクルしちゃいました 笑

春だからこその味。
美味しかったです♪

[PR]
c0331680_18214037.jpg

前回はぶり照りでしたが今回はぶり大根ということで、ぶり日和です 笑

前回の記事前辺りから、「まだ魚料理が弱い」「まだ魚料理が弱い」と言い続けていたら、今まで肉ばかりだった家に魚ばかりが集まりまして…

よって先週から暫くのメニューはぶりの照り焼き・ぶり大根・金目鯛の煮付け・鯛の塩焼き・アクアパッツァ・あじの干物と魚尽くしだったのです 笑

魚は体に良いからいいか、ってことで、ぶり大根は笠原先生のレシピで♪



ちょっと前に春雨サラダを出してからどんどん春夏料理を載せていこうと思ったのに、ぶり大根なんてまた真冬料理に戻っちゃってますが… 笑

大根はきちんと隠し包丁を十字に入れて面取りして柔らかくなるまで米のとぎ汁でコトコトコトコト煮たのでしっかり味の味シミ大根になりました。

そしてぶりのほうも、湯引きしてから丁寧に皮も洗ったので完成後は全く魚臭くなく、でも大根とは時間差で煮たので硬くならず、大成功でした♪

実は自分一人で一から全部ぶり大根を作ってみたのは今回が初めて。

この日はグリーンピースご飯にぶり大根と冬と春の融合になりましたが
時間をかけて下処理したりと丁寧に扱った分、美味しくいただけました!
[PR]