お久しぶりです!

近況報告もままならないまま、またまた1ヶ月振りのブログ更新ですが、

最近私の視野欠損について詳しく検査中で(囲いが今の私の視野欠損してる場所)
眼科だけではなく神経内科や、昨日は大学病院の眼科も受診しました。

c0331680_19264619.jpg

また受診結果については書けることがあれば後日ブログに書きますが

今日は、『下方視野欠損がある場合の外出歩行時の対策について
なんか医学論文みたいなタイトルだけど 笑 ご意見が募集したくて。

たった二日での話ですが・・・。

一昨日は外出時に通行人にぶつかられてしまい、「ふざけんなよ!どこ見て歩いてんだよ?本当さぁ、人の迷惑になってるとか考えないのかね。もうどこ歩いてるかも分かってないんじゃないw?そんなのぶら下げてるからって(ヘルプマーク)どいてもらえると思ってんじゃねーよ!」と言われる事案と、昨日の大学病院初診時には院内に並んでいた他の患者さんに今度は私の方から引っかかってしまい、「おぉぉーい!危ないなぁ(゚o゚;; あ!すみませんっ(´Д` )」となってしまった事案がありまして、

両日ともハッとしたけど、視野欠損でぶつかって麻痺足で引っかかるから、本来なら視野だけなところを、足があるから二重なのが厄介だなと。

でも、

「今ある視野欠損は気をつけるしかないんですよね」と医師に聞いたら
「そうですね」って。

皆同じ答えだ。

そうだそうだ。
そりゃそうだ。

でもそうなんだけど、気をつけて下さいって言うんだけど、気をつけられないから視野欠損なのだ。
脳で見え方を補ってしまって自分の視野欠損に気付きようがないから、気をつけようもないのだ。

と。

確かに、脳性麻痺の影響か普段からボーっとしてる私も私なのだけど、
気づいた時にはぶつかって、ぶつかって初めて気づくという流れだから、
家で自分で散らかした物に躓いて転ぶだけなら「ご勝手に話」ですが 笑
今のところの対策は、人が多い時は、キョロキョロキョロキョロ歩くのみ。

最近やっと自分の不自由さに自覚と責任を持って(笑)遠出の際はヘルプマークを付けてるけど、

c0331680_18404083.jpg

真っ赤にドドドーン!とでっかいあからさまなマークに、せめて気持ちだけは「決してこのマークは、どいてどいて~!という印籠じゃないよなと謙虚にいたい」と思っていたのに、これ以上何かを持って暗にメッセージを伝えるというのは、小心者の私にしてはなかなか勇気の要るところ。

それでも相手側にもこのマークを意識してもらい私とぶつからないようにちょっとは離れてもらわないと、上記の通り悪気なく引っかかってしまった人を怪我させてしまったり、逆にいちゃもんを付けられかねないなと。

難しいなぁ~。

でも自意識とマークだけでは限界があるからってこの程度の視野欠損では視覚障害者手帳には該当しないらしいし白杖を持つ程でもないなと。

そんなところ。

だから、先天性後天性疾患問わずで、一部視野狭窄や視野欠損を持っている方は、普段外出時にどんな工夫をされてるのか、聞きたいです。
当事者だけでなくお知り合いの方に一部視野狭窄や視野欠損を持っている方がいて話等聞いたことある方からもアドバイスあれば感謝です。

事例をお待ちしています♡

(また長くなってしまった 汗)

だんだん過ごしやすくなってきましたね。皆様ご自愛下さいね♪( ´▽`)


[PR]