c0331680_16472495.jpg

以前、『ヨーグルト食べ比べてみた』記事を載せてから、3か月ですが。
最近新たに買ったデンシアを冷蔵庫から引っ張りだして撮った写真 笑

「LG21からデンシアに変えようかなぁ~」と思う出来事がありまして…。

足の痛みで、一応1年ぶりにレントゲンを撮ったら医師に言われたこと。
「ねぇ、骨が薄いよ。婆ちゃんみたいな足!高齢者の画像と似てる 笑」

だそうで。

幼い頃からよく転んでいたから、昔から「歳とったら、うっかり転んで大腿骨骨折→寝たきり→認知症進行とならないように、気を付けなきゃ!」という思いはありましたが、そのくせ何度転んでもポキッと骨が折れるということは一度もないので、ずっと、「私は骨太だ!」と思っていたのです。

今回指摘された下肢の骨の薄さ。

痙性のある周辺は骨が育ちにくい・筋肉が付きにくいようで、左右の脚の骨の太さや肉付きに少し差があることは私でも以前から見て取れましたが、骨の薄さ(レントゲン上の白さが薄い)は今回指摘されて初めて知りました。
「最近運動してる?」と医師が言うから、そこは正直に「全然してないです」って答えたら、「してないよね~。骨が薄い。運動してる?って、そういう意味で聞いたんだ。通院してる高齢者のレントゲンもこんな感じだよ」と^^;

「え~!嘘でしょ~そんなにぃ~?」なんてかわしたら、「いや、ホントに。今は若さで乗り切れても、将来絶対ガタがきて痛みが出る」と真顔で言われてしまった。
「じゃあどうすれば良いんだろう?」ってところに咄嗟に良い案が出てこなくて、「日に当たるとか?」「カルシウム摂るとか?」と言ったら、「やっぱり運動!」と。
下肢は麻痺があって動かしづらいし痛みも疲れも出やすいけど、変化は長期的なスパンで見て、本当に簡単な動きでも良いから毎日続けなさいとのことでした。

何だか以前、「人の骨密度は個人によって最初から決まっていて、あとから食事したり日光を浴びたり運動したりしても、増える量はたかが知れている。だから、増やすというよりは自分の持っている骨密度を一生の間にどう使っていくか、維持していくことが大事」って聞いた気がする。

勿論、細胞は入れ替わってるし骨は新陳代謝を繰り返してますけどね♡

医師から、「言ってること分かった?骨を強くするってことは筋肉付けなきゃってことだし、筋肉が付いてくるってことは骨も育ってくるってこと」

と言われた。

これから意識しないと、どんどん歳に負けますね~^^;
もはやとっくにヨーグルト云々の域は越えてますよね 笑

いろいろヤバイなぁ。
頑張って運動せねば!

[PR]

久しぶりに本を買いました。
医療系の本はこの時以来。

「何か新刊は出てないかなぁ~」と思ったら、あった!
おぉ!二次障害の本、2月に発売されてる…∑(゚Д゚)
私が見逃していたなんて!と、即座に注文しました。

c0331680_23590053.jpg

「本の中の一部に二次障害のことが書いてある」という扱いではなく、全ての内容が『二次障害の本』として発売されているのは、世の中に3冊。

これと
c0331680_00193741.jpg

これ。

c0331680_23581660.jpg

「少ないなぁ~」と思っていたから、出版されただけ有難いと思います。
MEDICAL REHABILITATIONと言えば、以前にNo.87を買ったのです。

c0331680_00173254.jpg


自分の障害のことですから、自分から勉強していきましょう!
そして、あまり本の内容だけに左右されないようにしましょう!

ご存じなかった方や関心のある方は、読んでみて下さいね♡

                       (過去に私が読んだことのある本はこちら →リンク


[PR]
c0331680_19230291.jpg


プリンを作りました~!

簡単で美味しかった♡
レシピはで何度かリンクシェアさせて頂いているochikeronさんのもの。

容器はセリアに売っているiwakiの耐熱カップで作りました!¥100円♡
これが私の人生初プリン作りだったので事前に調べに調べまくって 笑
料理上手なブロガーさんが愛用してるのがたぶんこの器じゃないかと。

ご飯作りは何とか形になったとしても、正確な計量が必要なお菓子作りなんてズボラな私には基本的に向かない!と思っているのですが(笑)

以前動画を参考に茶わん蒸しを作った時にも思いましたが、どれを真似ても美味しいし、忠実に作れば、誰でも失敗しないレシピだと思います。

私が作ってもすが入らず綺麗に仕上がったのは凄い!もう市販のプリン買わないな( ̄ー ̄)笑

カラメル作りはなかなか難しく、鍋やカップに飴状にへばりついたので焦りました。焦らなくても水やお湯を加えてもう一度火にかければまた液状になるし、カップの中で固まってもプリン液を注いだり湯煎している間には溶けるので、そのまま冷やせばきちんとカラメルになるのですが、「慣れないうちは結構手間かなぁ」と、時短目的でこんなものを買いました。


c0331680_15155940.jpg

カラメルがタブレットになっているので、これをカップの底に2個置いてプリン液を注いで湯煎すれば、溶けて仕上がりは綺麗な層になってます。

また、加熱時間ですが、プリン液は動画の通りだと400ml強ほどあったので、私はカップ4つに100mlずつ注いだのですが、20分加熱するとトロトロのプリンになって、25分加熱するとしっかりとしたプリンになりました♪

◆参考動画◆





皆さんも作ってみて下さい。
[PR]

今は、教育実習の時期。
6年前が懐かしい( ´▽`)

「もう学校の先生にはならないの?」と、よく聞かれる。
「そうですね。」今はもう教師の仕事に就くつもりはない。

教師になりたかったのは、私が中学生の時私をいじめから救ってくれた副担任の先生に憧れたからだ。
せっかく教員免許を取ったんだから教育に関する仕事をという気持ちはあるが、現場での予定はない。
もっと言うと、医療関係の仕事がしたい気持ちの方が強いから、医療関係で事務の仕事があれば良い。

(そう言うと親から「なぜ大金払って大学行かせたのに事務なの?」と言われ、私こそ「それを言うなら元々はPTを目指していたし現場じゃなくて学校勤務がしたかったんだから最初から養成校で良かったじゃん」という話になり、「PTなんか体力的に無理でしょ。だいたい今だって~…」と始まるので、「体力的に無理なら事務しかないじゃん」という終わりの見えない言い合いになるので、あまり考えないようにしているんだけど。)

要は、教育の仕事は体力的に難しい。
私が本心からそう思うから未練もない。

本当のところ、身体的にということ以上に、おそらく、認知的に難しい。
外見からでは分からない色々な問題もあり、教育の仕事は出来ない。

こんな話をしていると、「教員免許を取得したことは、人生の経験においては絶対無駄にはならないことだと思うよ^^」と言ってくれる方がいる。

ありがとうございます♡
でも大事なこともあって…

私が取得した教員免許は10年で切れる(私の場合平成32年で終了)
正規の教諭にならなければ資格の更新が出来ず、10年で効力を失う。

恩師に憧れた“想い”だけで教師を目指したから、体力や頭脳はないw
だから学童保育指導員として働いたけど、相当体力的にキツかった。

正直、廃用性症候群の逆で過用しすぎて障害を進めてしまったと思うし
今も指導員を続けていたら、倒れるだけじゃなくて、死んでいたと思う。

塾の先生は?という声もあるが、大学生の時のバイトでやったことある。
でも難しくて全然長くは続かなくて、実際、半年くらいしか働けなかった。

体力的には楽な部分はあるかもしれないけど、個別指導の場合、生徒の横に座って横からテキストを見ながら文字を書くことが出来なかった。

正面から見ていない、ある程度机から距離のある見方な訳だけど、テキストの文字は見えているのに、ピントが合いにくく見えにくい状態になる。

私が自分で文字を読み書きしている時は顔と机がくっ付くくらい近いから、「離れると見えない」ということに塾でバイトをして初めて気づいた。

そして筆圧が強くて巧緻性にも乏しいので、文字を書くのがかなり遅い。
ゆっくり書くと美文字らしいが、急いで書くと読解不能の文字になる。

指導や採点のために逐一生徒からテキストを借りて、自分の前に置きひとつひとつ丁寧に書いていたら、「お前の勉強の時間じゃないんだよ」と叱られ続け成績も上げられず、「動作が緩慢で複数同時処理が難しい脳性麻痺者には向いてないんだろうな…」と思い、結局辞めてしまった。

今は緑内障があるから、視覚の観点からも難しい仕事も多いと思う…。

障害を言い訳にしてるんじゃない。
私にしかわからない困難がある。

5年後には無資格。
何が出来るかな…。

[PR]

ヒドい寝違えで、右も左も向けない数日です^^;
右も左も一回ずつ、「ピキッ!」「グキッ!」っと。

『うぉー((((;゚Д゚)))))))やっばーぁいぃ(´Д` )!』
っと思って首元に手が行くも、時すでに遅し 笑

我が家での通称、『首ピキ』。

振り向きざまに急になったりすると本当怖い。
一瞬激震が走るの皆さんも経験ありますか?

「前しか向けない」って言葉はカッコいいけど、
(前しか向かねぇってAKBの曲にあったなぁ…)

非常に不便(´Д` )

手を使わないと出来ない寝返りも、恐る恐る。
サッと振り向けないから、体ごと移動したり 笑

原因は分かってるんですけどね。
うつ伏せでくつろいでいて、高すぎるクッションにアゴを乗せて休んでた。

うつ伏せは身体の緊張は落ちるけど首を上げたらダメだから、合わないクッションは使わなきゃいいんですけど、気分的には寛げる時もあって。

少しだけのつもりが、そんな変な姿勢によってしっかりストレートネックが強調されて、気づけば首から肩周りだけではなく、背中までバキバキ。

まぁね。
たまにはこんな日もありますね。

非常に贅沢な悩みかな(´Д` )
頑張れ自分、学べ自分! 笑

[PR]

いつか一度梅干作りをしてみたいと思っていた私が出会った本。

な・な・なんと!なんと!ジップバックの中で梅を漬けるのです!
「あれれ?もしかして簡単じゃない?」と、本を買って早速準備♡

c0331680_19261703.jpg

結局は、ジップバックの中に梅と粗塩と焼酎を入れて、重石(水など)をするのです。
もっと下準備や完成までに時間が掛かると思っていたから、袋でなんて相当手軽!

もし失敗して腐らせたらもったいないということで、初めてだし500gだけ挑戦してみようと思っていたところ、だいたいどこも1㎏からしか売っていなかったので、500gの梅干し袋(ジップバックM1枚)を2つ作りました!

本には1kg漬ける場合はジップバックL1枚と記載されているのですが、私は500gずつ分けて2つ準備したので、これでもし一つ途中で失敗して腐らせてしまっても、もう一つの保険が生きていれば梅干が出来ます 笑

最初梅は水にさらして拭いただけで、水気を切るために干してはなく、ヘタを取った以外はいきなり粗塩と焼酎大さじ1と一緒に袋に入れました。
しかも私は青梅を赤梅にするのではなく元々黄熟梅を使っていることで紫蘇の工程がまるまるすっ飛んでるので、それだけ下準備は楽でした。

このあと袋が白梅酢でひたひたになるまで約2週間程一日一回袋の表裏を返したり、土用干しで三日連続晴れの日に外に出したりということはありますが、それ以外は基本的にずっとジップバックに入ったまま涼しい場所や冷蔵庫の中で保存していれば良いので、かなり楽な気分です♪

脳性麻痺らしいことを2つ…。

『粗塩は梅の重さの18%』と書いてあっても18%を数字でどう表すのかが分からず計算出来ず必要量が分からなかったのですが、友人が「18%は0.18だよ」と教えてくれたので0.18を掛けて計算出来ました 汗

そして「重石を水にすると破けると大変なので米にした」という方の知恵をお借りして私も米にしたところ、袋の空気すらうまく抜くことが出来ずに、口から米が噴射してバットの中に散らすという不器用ぶりε-(´∀`; )

米なら大丈夫だろうと思っていたけど酷過ぎる予想を上回る不器用さ…

次に報告するのはいつかな?
梅干しや梅酢が出来て料理に使えた時か腐ってダメになった時かな 笑
種から花咲かせたことが一度もない私で梅が出来るのか見て下さい 笑

本は、梅干の漬け方以外にも、梅ジャム・梅酒・梅シロップの作り方が載っていて、それらを使ったレシピもあるので、読んでいて楽しいです♪

皆さんも読んでみて下さい^^
一緒に梅干し作りましょう!

[PR]

どうも!

1週間ぶり。
気持ちが安定していからブログに気持ち整理しに来なくて良かったのか
気持ちが安定してなかったから書きに来れなかったのか分からないけど

何となくバタバタしたなような、気持ちフラフラソワソワな1週間でした 笑

(なんだそれ 笑)

理学療法士さんに施術されたあと足を痛めてから2週間程経ちましたが
最近やっと全ての痛みが落ち着いて、元に戻ってきた感じです← 遅っ

(ご存じない方は → こちら

あとは引き伸ばされすぎてしまったのか、足底のツッパリ感があり、それをきっかけに今までとインソールの当たりが変わってしまったのが残念。

(今までの受診経験上、インソールの当たりが変わると、後々ホントに面倒なのです>_<…。)

元に戻ったということは私が本来持っていた硬さもある訳で、施術後から今までが柔らかすぎた分、起き抜けはアキレス腱が切れそうな位突っ張ったり脹脛がパンパンだったりなのが、やっと実感できるのですが。

正直、あの施術から暫くが経って、足の痛みは落ち着いているのです。

毎晩必ず足に貼る冷湿布もあまり気持ち良くなくイマイチ除痛されてない感じがするばかりか、もしかしたら要らないかも?位の痛みしかない。

2015年4月から毎日足首に湿布があるのが当たり前だったのに、気づいたら貼らずに過ごしている日もあって「あれ?痛くないんじゃん!」と。

あの施術ではデメリットしかないと思っていたから、次の診察では「だいたいこんなふうに伝えようかなぁ」と思っていたのですが、『足の痛みが落ち着く』という思ぬメリットもあり、また施術後に戻ってくる中で感じる体調もあり、ギリギリまで何て言おうかは決めかねているような状態です。

足の痛みが少し落ち着いた中で感じたこと。
『たとえ障害があっても、動くこと・動かすこと・運動は大切』ということ。

もちろん少し痛みが減った代わりに色々と痛めたから、あの施術が良かったのかは分からないですが、足の痛みが落ち着いたのは久々なことだし、あのくらいガンガン足動かしても良いんだと勉強にはなりました。

だから、今身体が痛くて痛いから動かしちゃダメと更に固まってる人も、実は逆でもっと動かしたら楽になる人もいるんじゃないかな~とも思う。

もちろん素人が動かしたら悪化することもあるから、専門家が理論的に動かしたらの話しだし、それを脳性麻痺で実現するにはあまりにも環境が整ってなかったりもするので、また別の問題でもどかしいのですが…。

私の今回のリハビリ結果のように、「これ以上はムリ!」って考えてる専門家に診てもらっていて改善しないのが当たり前と思っている患者さんでも、違う治療者に診てもらえばあっと言う間に改善したりして、誰に診てもらうかでその人の人生が変わるていうのはもどかしいなぁ~って。

「麻痺だしね~。これ以上はね~。この位かな~。」と言われてまだまだと思い続けている人は私のように改善するチャンスがあっても、「専門家が言うことだから」と「そうですか~。分かりました~。」で引き下がる患者さんは、まだ治る痛みに苦しんでる人も沢山いるんじゃないかなぁと。

(以前療法士さん達とお話しさせて頂いた時に「リハビリを受けていて、ここはもっとこうしてほしい!ことってありますか?」と仰るので、リハビリの制度上の問題等を話していたら「それは私たちも凄くもどかしいんですよ。だからこそ単位内で結果を出せるようにと努力しているのですが、そのリハビリ中に、療法士の患者さんへの関わり方では気になる点等ありませんか?」と仰るので、「あります!あります!ごまんとあります!」と冗談交じりに伝えたことがあるのですが 笑 )

出来ることはあるし諦めるには早いこともあるんだなぁなんて思います。

サポーターをしないと少し歩いただけですぐに痛みが起きてしまい数日間は大変なのですが、信頼関係が出来ている今の療法士さんと二人三脚で、引き続きリハビリを頑張って行こうと気持ちを決めた最近でした!

[PR]

最近、 “麻痺” を実感する二つの出来事があったので、記載します。

レントゲン撮影にて…

技師さんに「こういう姿勢ってとれますか?」と聞かれて「それはちょっと難しいかなぁ~」と思うときがあると、比較的若い技師さんは、「難しいですかね…。う~ん…。」という感じで止まってしまうことがあるのですが、

ベテラン技師さんが「こういう形で撮影できればいいので自由に」と言うので「じゃぁこういう姿勢でも良いですか?」と体勢を変えると、若い技師さんも「あ!出来るんですか。じゃあそれで!」ということがよくあります。

基本的には指定される姿勢に従って次々体勢を変えていきますが、それが出来なそうな時は「一つの姿勢でしかその角度で撮影出来ない訳じゃないのでお待ち下さい~」って感じで私が体勢を変えちゃいます 笑

ただ、「右(左)を上(下)にして横向きで」と言葉で言われてもパッと動けない時があるので、(おそらく図形が苦手なのですぐに形が想像出来ない)「向こう向きで」と、指を差して指示をくれたほうが助かるのですが。

ここ何年間かは、“麻痺足”故にどうしても出来ない姿勢なんかもあって。

最近では右を下にして横向きに寝て足を底屈させるのが出来なかった。
上半身起こしてみたけど無理で、技師さんに足を持っててもらいました。
撮影のために技師さんに防護服を着てもらい、撮影室に入ってもらう。

(なぜ普段は横になると足は底屈位なのに底屈には出来なくて、歩くと尖足な時があるのにつま先立ちが出来ないのかが疑問なのですが^^;)

また「止めといて」というのが難しく緊張が入ったり、シャッター音に反応してピクッと動いてしまい撮り直したこともあって、とにかく1人の技師さんに止めといてもらい他の人がシャッター押すということが増えた最近。

病院リハビリにて…

「足が内反しすぎるから、少しでも外に向けられるようにしたい」と言っている私ですが、病院で診てもらいながら足首の運動しても、麻痺の影響でほとんど収縮すら入っていないんです。ホントのホントの麻痺の部分。

おそらく麻痺の影響で動かしにくいのもありMMTが低いのかもしれませんが、奇跡的に入ったとしてもメッチャクチャ弱い反応しか起こらない。

私は一生懸命意識して、療法士さんも足の筋肉に触れたり観察してくれたりと反応を見てくれるのですが、外見からは一ミリも動かないという…

私が動かせるようになりたいと言うから指導しているのに反応が無いから、「入ってないんだよな~。う~ん…。どうしようかなぁ~」と困るPT。

私も思った通り、「手で持って動かしてもいいし、セラバンド引っかけて引っ張ってもいいよ」とも言われたけど、それでも収縮は触知できずで。

私一人でそれっぽい動きをしようとしても違うらしく、「あれ?教えたのと違っちゃってるな^^;」とか言われて(笑)足を手で持って動かしてもらう。

人の手で「こっちに動かすんだよ~」とやってもらっていると、つい「川平法に似てるなぁ」なんて思っちゃってやりたくなってきちゃうのですが 笑

なぜMMTが1~2ほどしかないのに歩行できるのかが疑問なのですが。

そんな出来事がありました。

さすがの私も、「本当の麻痺の部分は改善出来ないしそこに時間をかけすぎるというのは…」という思いで、「ここまでやってダメだったら自宅リハビリを続けながら出来る限りで動いて、インソールや靴を見直しながらサポーター付けて生活しようかな」という踏ん切りがうまく着きました。

今の私で考えられる「出来ることは全部やった」納得感があるので、今の段階では、今の足の状態でも、満足出来たのではないか?と思います。

誰に言われても気付かないし分からないことというのは、自分で動いて聞いて見て・情報を集めないと、本当の意味では理解出来ないですね。

これは成長^^
そういう意味では脳性麻痺をまた自分の中に落とし込めたと思います。

麻痺を実感する時はいつも次に進むきっかけになっていると思います。

以上、麻痺の話でした。

[PR]
c0331680_23163293.jpg

実は冬に作ったので今は肉じゃがって季節じゃないですが、出します☆
炒めず含め煮のため調理中あまり触ることがなく、煮崩れしにくいです。

以下レシピです。
自分の備忘録ですが、料理初心者の為、記載不足だったらスミマセン。

材料(4人分)

じゃがいも(煮崩れ防止にメークイン)・・・500g
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1個
にんじん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2/3本
豚肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200g
白滝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1パック
きぬさや/いんげん・・・・・・・・・・・・・・・・・数本

調味液
出し汁600ml・・・・・・・・(水600ml+ほんだし5g)
醤油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大5
みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大5
めんつゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大1


①調味液を全てフライパンに入れる
※まだ火は付けない

②材料を全て冷たい液中に入れる
※全て入れたら初めて火を付ける
※紙の落し蓋燃えないように注意

③沸騰してから15分から20分煮る
※沸騰前~沸騰後まで中火のまま
※煮てる間は落し蓋のみで触らない

④食べる直前になったら再度温める
※全ての材料に火が入ったら火を消す
※肉じゃがが冷めていく時に味が入る

この肉じゃがは日本料理の先生の動画を参考にしたのですが私はそれだけでは少し薄味だったので、本来はほんだし2gのところを5g(小包装1包)・醤油とみりんのみの所にめんつゆ大さじ1杯と、後から足しました。

我が家は上記の材料と調味液の分量で程よい味でした。

これはメイクイーンなので、今度は男爵芋で作りたいな♪
夏になったら、『トマト肉じゃが』にもチャレンジしますね!

[PR]