<   2015年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


こんばんは。

2015年最後の夜ですね。

年越しそばを作りました!
天ぷらや揚げ物は苦手なので、私だけ何も入っていないお蕎麦を。
c0331680_08194145.jpg

今年一年ブログを見て下さった皆さん、本当にありがとうございました♡

健康の大切さを伝えたい。
健康を大切にしてほしい。

私の経験が誰かの役に立つのなら。
縁する人と一緒に笑顔になりたい。

と言いながら、皆さんに向けて情報発信をしてきたつもりでしたが、
私のほうが、ブログを見て下さる方々に励まされ続けた毎日でした。

本当に感謝しています。

2016年も、皆さんにとって素敵な一年となりますよう祈っております♡

そして、2016年もCerebral Palsy's life -成人脳性麻痺者の日々-を
宜しくお願い致します!

[PR]

ドレスコードの服のこと①は → こちら

数があれば何か選べるものはあるだろうと、デパートに行った私と母。
私は値段やデザインで迷いそうで母にも一緒に行ってもらいましたが、
母とはケンカばかりで買い物でも言い合いになってしまう仲なのです^^;

案の定一通り見た中で母にリボンを結ばなきゃいけないものを勧められ
「縦結びになるから無理だよ」→「は?結ぼうと思えば結べるでしょ?」
「ていうか、何でエレベーターしか使えない訳?(一回一回疲れた…)」
というように、あと少しで後味の悪い買い物になりそうだったのです。

だけど、試着したところの店員さんがとっても親切だったのです^^
デザインも形も気に入り予算内であり、結局そこで購入したのですが、

「後ろに手が届かなくて全然閉められないんです」って言ってみたら、
「チャックとホックは私が閉めますそのまま出て大丈夫です!」とか
試着後にヒールをつっかけて出て下さいと言われたところで断ったら、
次から「ご自分の履きやすい靴のほうでどうぞ♪」と言ってくれたり。
初めは早々に着替え終わりを確認されたのが、途中からは無かったり。

同い年位だし、何着か着る間に結構時間があり色々と話したのですが、
障害があり普段はジーンズでワンピースは着慣れないことを伝えると、
店員さんが「たぶんそうじゃないかと思いました^^」と仰ったんです!
「狭い(フィッティング)ルームで椅子等置けなくてスミマセン><」と。

凄い♡こちらから伝えるのは気兼ねしていて随分遅くなってしまったけど
気づいていたんだなと、全く嫌な感情のないままで買い物できました♪
本当に有難くて、デパートに指名で感謝の連絡をしようと思う程でした。

私は、障害のある方の洋服選びには、2パターンあるかなと思います。
一つは、ジーンズよりもスカートやワンピースのほうが着やすい方々。
もう一つは、ジーンズなどパンツスタイルのほうが着やすい方々です。

支えがないと立位が不安定な方・脚をあまり上げられない方は、ストンと落ちてきて少しまたぐだけで脱ぎ着出来るスカートが良いと言います。

私は姿勢の影響でウエストでスカートがクルクル回ってしまうし、腰が反っているとワンピースの前側が持ち上がるので、ジーンズが良いです。
長時間脚を閉じることも出来ないのでスカートやワンピースは危険で^^;

私はジーンズの場合裾上げをお願いするので購入前に必ず一度は履いてみますが、障害のある方の中には裾上げせず履かれている方もいます。

狭いフィッティングルーム内での身体の負担を考えた面倒臭さと、店員さんとのやり取りを考えた心理的な影響や遠慮があるんだと思ってます。
ジーンズの裾上げはせずに、いくつかを折ったままで履いているのです。

決して横着とかいい加減ではなく、裾上げせずに幾つかジーンズを折った方を見ると、私は「あ!」と気づいたりして、気持ちが分かります。

身体を考えて服を着るとどんどんファッション性が失われていきますが、ファッションに疎いとか、おしゃれに全く興味が無い訳ではないんです。

「どうせ障害がある人は普段大したもの着ないでしょ」とか「どうせリハビリに行くだけなんだから服なんか何でもいいじゃん!」じゃないのです。

パーティーのコンセプトは「障害者もオシャレがしたい!着飾ってお出かけしたい!」の声に応えた「いつも以上に美しい空間作り」でした。

だから参加条件が、たとえ障害があっても、『全員正装』だったのです。

もっともっと障害者もオシャレしたり、試着室を使うことを伝えないと。
そして何よりも、まずは私自身が障害があってもオシャレを楽しむこと。

バリアフリー試着室(広さ・椅子・てすり)が増えればと痛感しました。

[PR]
c0331680_16302493.jpg

踏んだ。

あり得ない方向に曲がってしまった。。。
jinsで作った安いメガネで良かったぁ~。
フレームあって足切らなくて良かった~。

メガネの処方箋ももらって来なければ!
これから、視野検査に行くところでした。

大丈夫。
「何をどれだけ知っても、自分を理解することにしか繋がらない。」

聞く準備が出来たのです。
結果は年明けに報告します!

[PR]
c0331680_22500027.jpg

クリスマスイブから、事前に注文したケーキやケンタッキーや、
いっぱいいっぱい美味しい物を食べる機会があったのですが、
自分では、『材料5つで簡単レアチーズケーキ』を作りました!

これは最近私が料理を作る際に参考にさせていただいている
大人気youtuberであるochikeronさんのレシピになります^^

オチケロンさんの動画を参考に、豆腐の空パックを使ったので
どっちが本物の豆腐か分からないでしょ~ってほど綺麗です♪

ちなみに味は、チーズが得意でない私でも、美味しかったです。
マシュマロを使うのですが、マシュマロ感は完全に消えてます!

私が思うオチケロンさんの動画の凄い所は再現性だと思います。
料理初心者の私が見て作っても、美味しく作れたものが沢山^^
そして、動画が英語で進んで行く点もとても勉強になりますよ♡

そして何より、料理を作るだけでなく盛り付けの仕方や写真など
とにかく細部に渡って魅せる料理であることが素晴らしいです!


c0331680_15302335.jpg

本も買いましたが、今回参考にした動画も添付させてもらいます。




私のように豆腐の空パックを使うとラップを敷いても敷かなくても、
今回のチーズケーキでは自然にツルンと出るものではなかったので、

もしも綺麗に出したければ、オチケロンさんのように型を使うか、
ゼラチン等でしっかりしていれば、綺麗に外れるかもしれません。




上の動画では豆腐の空パックを使用され、綺麗に外れてます^^

本当に参考になる綺麗で楽しい動画ばかりで、勉強になります!
ぜひ『材料5つで簡単レアチーズケーキ』作ってみて下さいね♡

※本の画像はamazonからお借りしました。
※動画は再生後にダブルクリックすると拡大表示されます。


[PR]

また捻挫しました。

リハビリ前に受けた診察で医師から「転ばないで帰ってね!」と言われたのに、「はい」と答えた帰り道にマンホールの段差に足を引っ掛けて、「グキッ」と^^;

ズキズキする足首に外出する気も起きずに、ひたすら冷やす数日です。

捻挫は診察後だから、診察目的はそれ以前の足の痛みについてだったのですが、フットボーラズアンクルと言って、過去の捻挫が原因で骨棘があるみたい。
これは以前通院していた病院の主治医にも指摘されていたかな?と思いつつ、私の右足には2つの過剰骨と2つの骨棘があるので、もう何でもありだなと…。
でも最近よく転んだりつまずいたりするのは、改善しなきゃいけませんね。それに、1つの過剰骨(有痛性外脛骨)以外は全て捻挫が原因なので侮れません!

もう、自分の人生で何度捻挫してきたのか数えきれなくて分からないんだけど、自分で「おそらくあの時に…」と感じるくらい派手に転んだのは、人生で7度?!
何年か前までは捻挫の度に泣いてたけど、以前の主治医からの的確な、足の状態から完治までの日数を逆算し、それが外れたことのない自信に励まされて以来、
今では、捻挫の度に氷水を張ったバケツに足を突っ込み感覚がなくなるまでキンキンに冷やしつつ、淡々と日を追えるようになったのは、私も強くなりました 笑

足にある過剰骨や骨棘は、「まだ遊離していないから手術は必要ないよ」と。骨棘があっても、筋肉を付けたり可動域を保ちながら除痛するしかないんですね。

(そうそう。「一線で活躍するスポーツ選手じゃないから手術しなくていいよね」と言う医療職の人は多いけど、相手がスポーツ選手じゃない一般の患者でも大切な身体なんだから、仕事にしているかどうかで治療の必要性を比較したり態度を変えるのはやめてほしいといつも思います><)

最近医療機関向けに取扱いが開始されたばかりと言っていた、モーラスハップXR120㎎を処方されて帰ってきましたが、(その湿布を受け取る帰りに捻挫^^;)
あまりにアキレス腱側から冷やすと筋緊張が強まるので避けたいのですが、「出来れば今年中には痛みが治ればいいな~」と、焦らず治していきたいです(^^)

※フットボーラーズアンクル/骨棘/関節遊離体は各自お調べ下さい。

[PR]

クリスマスなので、クリスマスっぽく。 ^^
クリスマスなので、キレイ好きっぽく。 笑
c0331680_12521907.jpg


笑顔の一日になりますように♡


MERRY CHRISTMAS to  YOU !!


[PR]

先日参加した全員正装 でのクリスマスパーティー前の服選びのこと。

参加するための条件は、男性はスーツ・女性はドレス・ワンピース。

これを最初に見た時に思ったのは、「ドレス?ワンピース?ないな…。」
「う~ん。行きたい。行きたい!行きたいけど服がない。買おうかな?」

気づいてみれば、小学校高学年辺りから既に毎日ジーンズだったなと。
小学校低学年まではスカートを穿いていたけど、それ以降はキュロット。
中学校や高校の制服はスカートだったけど、帰宅後や休日はジーンズ。
就活も大学の準備段階からパンツスーツで、説明会や面接等もパンツ。

大学の入学式だけは、親がパンプスを履き慣れていない私を気遣ってか、
スーツじゃつまらないと言ったので、フラットシューズにも合うように
茶髪巻き髪+綺麗なリボンシャツ+黒ジャケット+長めの白スカートで、
逆に目立っていたようなフェミニンスタイルの入学式だったんですが。

スカートやワンピースに合う靴が少ないというのと着慣れていないので
もう何年間もスカート・ワンピース・ドレスを着ていなかったのです。
でも、友人の結婚式もあるし、これを機に買ってもいいなと探しました。

靴は同じものになってしまうけど、新しいものを買うか考えましたが、
履き慣らす間に今と同じだけ前を擦ってしまいそうだった為やめました。
靴は前が擦れているけどそれは下肢障害者のためご愛嬌ということで、
今履いている靴にも合わせられるワンピースドレスを探しに行きました。

いきなり買い物ではなく、最初に連絡したのはパーティーの主催者さん。
誘っていただいていても、そもそも無理かも!?と思って、伝えました。

「試着に手こずると思うので、服が用意出来なければ行けません >_<」

主催者さんがPTさんであったことと開催場所がホテルだったこともあり
もし見つからなければ貸衣装で対応できるためその点は安心でしたが
次に私が勇気を出さないといけなかったのは、店員さんに対してでした。

障害のためにスカートやワンピースは全く履かず、持ってもいないこと。
だけど今回必要になったので、よくわからないままで買いに来たこと。
着替える時間が掛かってしまうけど、それでも大丈夫か?ということ。
チャックやホックを締められない為その時は試着を手伝ってほしいこと。

障害者だって試着もするし服買うし、言わなきゃ伝わらないこともある。
優しい店員さんのおかげで無事ワンピースを買うことができましたが、
まずは私が服を見に行き、勇気を持って言わなきゃいけなくなりました。

障害のある人が服を選び、着ることは、想像以上に大変なのです><!
[PR]

先日、 “全員正装” でのクリスマスパーティーに参加してきました!
参加するための条件は、男性はスーツ・女性はドレス・ワンピース。

以前大阪に行った際は駅のホームで転んで捻挫してしまったけど、
今回は転ばなかったし階段からも落ちなくて、無事故で良かった^^

今日は服選びをしていた際に見つけた便利グッツを紹介します!

障害者が体を考えて服を着るとファッション性が失われていくけど、
障害者も正装が必要な時もあり着る服に迷うこともあると思います。

「何を着よう?」の前に「一人でどうやって着よう?」と考えたり。
探せばある!と言われると、探してもありません!と言いたいけど、
自分が探すしかない執念で見つけるのか、良いモノがありましたよ☆

まずはコレ。

c0331680_15300679.jpg

どうしても後ろファスナーを一人で上げ下げできなくて困ってたけど
これは長いチェーンなので楽で、上げたら服の中にしまうようです♪
チェーンを引っかけられる形じゃないと無理だけど、便利ですよね!

次はコレ。
c0331680_15405299.jpg


学生や女性はソックタッチがあるけど、男性には持ちにくいデザイン。
それで、男性用の靴下止めがないかなぁと思って探したら、あった!
脚に繋がっているから、絶対落ちなそうなところが良いですよね~♡

パーティーは障害者/療法士/医療機器企業業者/支援者懇親会でした。

立場は違えど、「医療や福祉の現状を良いものにしていこう」という想いや温かいパワーのある素敵な場所に、共に居られたことに感謝でした♡

そして「だんだんと障害者が障害を持ったままでも認められる社会になってきたのかな?」と思ったり、少なくても私は、「ありのままの姿を認めてくれる親切な方に囲まれているんだ」と実感できた一日でした。

今回の私の服選びの経験を、『障害者と服』としてまとめてみました。
『ドレスコードの服のこと』としてアップ予定ですので、お楽しみに^^

さて、明日はリハビリと、足痛が続くので診察だ><日常に戻ります!


                               
                                (画像は楽天市場からお借りしました)

[PR]

定番のコロッケ。
c0331680_00543160.jpg

クリスマスシーズンなので、家庭的な温かい料理を作りたいと思って♪
我が家のコロッケは牛が駄目な人の為に、じゃがいも+豚挽き肉です!

そうそう。

最近ネットで見つけた『ペーパーナプキンで作るフォーク・ナイフ入れ』
図形が苦手な私が作っても簡単だったので、即席ですがシェアします。

c0331680_23105097.jpg

①開いてるほうを左上にし右下に向かって三角に折ります(柄が内側)
②裏返してフォークとナイフの幅に合わせ、内向きに三つ折りにします。
③三つ折りにした片方をもう一方の三角の折り目の中に差し込みます。
④裏返して出来てる斜めの隙間にフォークとナイフを挿して完成です。

私の支離滅裂な日本語で伝わったかなぁ><?
クリスマスごはんの飾りに作ってみて下さい♪

[PR]

朝まで眠れないままで過ごす夜の静けさほど、長いものはありません。

『自分を生きる』ことにプレッシャーを感じてしまって、落ち着かない夜を過ごしました。
誰に何を言っても・誰と何を話しても、最後の気持ちは、自分が処理するしかないから。
「私はこれから自分に起こる全ての変化を自分一人で受け止めて生きていけるのか」と。

本当の恐怖に襲われたときは涙を流す余裕もなくて、身体が震える経験をしたことを考えれば全然大した事はないし、
単純に眼科での視野のことや足の痛みなどたまたま2件続いたから、少し苦しくなってしまっただけなんですけどね。

「自分の身体だから自分がしっかりしなければ!」と、いつも、容赦なく突きつけられる現実に、その都度気丈に対峙してきたつもりだったけど、

やっぱり普段は気張っているのか、ふとした時に「あと何十年もこの連続…。私、大丈夫かな?」という思いが頭をかすめると、不意な涙が…。

それが聞くべきこと・知りたいことで、自分から質問した事だとしても。

ただ、頼り下手なのです。
長女の性なのかな (笑)

それでも、私は私を生きなきゃいけないから。
だからこそ今日からまた、自分がしっかりと。

自分 という芯を通して、
ただ、前だけを見つめて。

(これを書いたのは5:00頃。でも起きたら8:00。結局寝られたので、心配しないで下さい^^;)

足が痛い><
気休めにでも湿布を貼っていないと、痛みで頭がいっぱいになるけど、

今日もガンバロー^^!
[PR]