ストレートネックの行く末


首を寝違えまして。本当に「トホホ…」なのですが、今日で4日目です^^;

今回は移動が大変で、前しか向けず横や後ろに振り向くことが出来ないので、ロボットのようにゆっくり身体ごと向きを変えて動いています(´Д` )

首の痛みで姿勢はほぼ前しか向けず普段以上に真正面しか見えないのでいつも以上に足元が見えず、家でも更に色々な物に躓いてます^^;

もっと大変なのが寝返りで、自分の動きのぎこちなさ加減に笑けてきてしまうのですが、ただ、おかしいからって笑ってると、地味に首が痛くて 笑

「椅子から立ち上がるときに、おでこを指で押さえられていると立てない」とはよく言われ、多少身体は前に倒さないと起立出来ないようですが、「一切首を動かさずに動くのはこんなに大変なんだ」と実感しています。

それと、如何に頭は重くて首に負担が掛かっているかということと、首を動かせない脱力した人の体を起こすのが如何に大変かということも 笑

洗髪時は首に痛みが出るようになった何年も前から、首を真っ直ぐにして上からシャワーを当てるようにしてたので今回は影響はないものの、 一日何回ベッドのふちを押したり引いたりして何とか横になったり寝返ったり起きたりしてるのかと思うと、自分の無様な格好に笑うしかない 笑

首を微動だに出来ない状態で起きるには上肢に頼るしかないですが、どこにも力を入れられない0の状態から腕立て伏せなので、「むーっ(*`へ´*)」って、上肢の力もそんなにあるわけではないので、たまに「コテッ」となりながら、朝に夜にハァハァしながら頑張ってやってます( ̄▽ ̄) 笑

こうなったのは、前回までの記事の通りで身体の痛みが続く中で感じていた首~肩の張りが、いつの間にかガチガチに硬直し寝違え状態に 汗

寝違えというよりスマホ姿勢(背中を丸め首が前に出る)が原因かな?
元々私の首は生理的なS字カーブのない直線!なストレートネックです。

前回二次障害のカテゴリーに書いた首に関しての記事の内容が薄いので今日この記事を挙げたのですが、以前私に「首は悪い」と言った医師がいただけでハッキリと頚椎症と診断されたわけではないので、自分の首の症状は殆どがストレートネック故だとは考えているのですが、(


私は華奢な撫で肩でレントゲンでは頚椎が人より多く映る程首が長いそう。医師には「明らかに肩こりそうな骨格体系だね」と言われています。

それに加えて、私の脳性麻痺のタイプ故に身体の後面に比べて前面の力が弱く、いつも首を引けずどんどん上に上がっていってしまうんです。
そして背中も丸めていると首だけが突き出てしまい、スマホをやってなくても自然とスマホ姿勢になっていて、首に負担が掛かってしまいます。

今回は頭痛や吐き気はなく、痛みと動かしにくさだけで助かりましたが、痛みが落ち着いたらまた、上体の自宅リハビリも始めようと思います。

久々だった強い身体の痛みは「悪天候もあったのか?」という感じでだんだんと落ち着いてきてはいるのであとは首だけなのですが、ここ暫くの腰痛のあとに今回の首だったので、「やっぱり最近は、腰椎だけではなく頚椎~胸椎も、前弯がキツくなっていたんだな」と思っていたところです。

痛みに耐えて頑張って上に向いてしまえばそこから自由に動けそうな気もしますが、そこまでがキツイ 笑!治るまで、あともう少し頑張ります^^;

私の首に症状が出たのは20歳ですが、皆さんは高さの合わない枕の使用や台での作業等、首に過度に負担の掛かる生活は避けて下さいね!

[PR]
by ayanonano | 2017-04-16 12:00 | 日常のひとコマ | Comments(0)