2017年4月8日の言葉


お化粧して元気に病院に行って、何事も無いかのように元気に帰って。

でも…。

その元気そうな一日が、一年で一番好調な日かもしれないと気づいて。
病院では出来ていたことは、自宅では出来ていないのかもと気づいて。

病院で何も言わなかったからって、問題はもう何もないとは思わないで。

「自分が好きで病院に通っているのだから、時間もお金も手間も仕方ないことだし、通えてるだけ恵まれている」と言われればそれまでだけど、

もう少しだけ、

脳性麻痺という障害がいかに苦難に晒されているのかを知ってほしい。
見えていない脳性麻痺者の現状が如何なるものなのか、掴んでほしい。

いつも思います。

[PR]
by ayanonano | 2017-04-09 12:00 | 過去に綴った詩 | Comments(0)