痛みへの感情


未だ痛みが治まらず。


脳性麻痺である以上原因は限られてるはずだし、いつか絶対落ち着くんだろうから、こんな時はむしろゆったりしていればいいんだろうに、ハンマーでガンガン殴られたように絶えずズキズキしてたら、萎えますね。

股関節は姿勢を変えるには痛みが強くて手を添えてゆっくりじゃないとダメだけど、電車での通院中も座っていた時間が長かったからか、着いて立ち上がったあとの一歩目が出ず、駅中も暫く脚を引きずって歩いたり。

「腰痛は治まっていないけど、腰痛と股関節痛と足痛を比べて、足痛が治まっているなら、久しぶりに一箇所の腰痛なら我慢しようかなぁ?」

そんな気になってきました。

私がいつも思っちゃうこと。

新しい痛みに対しては、「こんにちは、初めまして。よろしくね!」と思って、何度目もの痛みに対しては、「ずっと治してあげられなくてゴメンね。もうすぐ良くなるから。今日は出かけるから、◯時間だけは暴れないでいてほしいな。」「酷使してごめんね。今日も一日お疲れ様。動いてくれてありがとう。」と思う、こんなの完全に他人には言えない、怪しい感情 笑

痛みも不具合も自分の身体だから、自分くらい分かってあげようと思う。

でもそうやって自分の気持ちを落ち着けているんだと思うし、ただただ悲しくなって大粒の涙を流してた頃とは、また違う切り替え方なんだと思う。

高校生の頃、それまでの人生の中で腰痛の度合いが一番キツかった時

いつもならスタスタ歩いて飛び乗っていた電車を、2本も3本も見送って駅に座って待っても痛みが治まらずに、なかなか出発出来なかった日。

体育を見学していて「向こうで50m走のスターターやって!」と頼まれた時、たったの50mでさえも、何十キロも先に感じて、歩けなかった日。

友達みんなの走る振動でさえ痛みが起こり体育に出れず・音楽が鳴った振動でさえ痛みが起こり立ったまま合唱できずに、保健室に行った日。

「座ると立っていた時の痛みが一気に来るから、それなら立っていても同じ」と言って休まず、保健室の手紙を各クラスのポストに入れ続けた日。

今の体調ではなかなか分かってもらえないけど、自分の進路については冗談抜きで、「きっとこれから先、寝たきりのままで口に筆を加えて絵葉書を書く。そのくらいしか、仕事に出来ないんだろうな…」と思った日。

今日は昔を全部思い出した。

高校生の時から本屋で立ち読みは出来なかったけど、今日も痛みで立ってられず、買い物予定はお店の前で引き返し諦めて帰宅しました。

苦しい…。

脳性麻痺のことを恨んでいる訳ではないけれど、自分の身体なのに自分ではどうすることも出来ないし、今まで一生懸命対応してきたつもりだったのにまた振り出しの痛みなのかと思ったら、涙が止まらなかった。

治しにくい長く続く痛みなら、早く友達になったほうが早いのかなぁ…。


[PR]