視野欠損って何?


※激長注意!

以前、脳性麻痺児の親御さんに「視野欠損ってどんな感じですか?」って言われて、うまく説明出来なくて。考えてみれば、そうだよなぁって。
視野欠損が起きてる私自身も視野欠損に気づかないことがあるのに、外見からじゃもっとわからないし、今日はどんな感覚なのか書けたらと。

以前も書いた気がするけど、私が「自分の視野が狭いんじゃないか?」と思ったきっかけは、運転免許を取得しようと思っていた、4年前のこと。

ある日、普段通り母の運転する車の後部座席にボーっと乗っていたら、「もうすぐ免許取るんでしょ?いつもボーっと乗ってないで、少しはきちんと外でも見てたら?車乗りだしたら、ハンドルとかアクセルとか信号とか歩行者とか、色々見る所あるんだよ」と言われたことがきっかけでした。

一つのことに注視・注力すると周囲が見えなくなることや、逆に色々見たりやろうとすると、どれに対しても散漫で中途半端になるのが私の性格なのに、母が言った通り自分の想像以上に運転中に気にしなきゃいけないことが沢山あるなんて、「本当に免許取れるのか?」と心配になった。

色々考えると頭の中はごっちゃになるのは置いといて、「せめて目だけでも真っ直ぐ前を見て、運転の上手な母と同じものを捉えよう!」と、母に「今、何が見える?」と聞いた。私には少し先の信号だけが見える。

そしたら母が、「私はハンドルの先に信号と道路と歩行者、反対車線の車も少し見えてるよ」だったかな?言ったんです。「信号だけ見えてたって、道路と人も見えてなかったら轢いちゃうじゃん」って。そりゃそうだ。

でも私は信号を見たら信号、道路の白線を見たら白線、人を見たら人と一つずつしか見えないし、反対車線の車を視界に入れようとしたら顔ごと動かさなきゃダメで、そうしたら前の車に激突するんだと気がついた。

「私が持てる視力をいっぱい使って一点を見ている時に、他人は全体像が見えるんだ。これは視力じゃない。視野だ。」って気づいたのが最初。

その後帰宅してからもリビングで母と真正面を見てどこまで見えているかと範囲を言って手で囲って示したりして、見え方の比較をしてみた。

私の見える範囲が狭いかもということにその時は気づかなかった母が、「誰でも見える範囲は同じでしょ?動物じゃないんだから、私だって正面見てたら上下左右はそんなに広く見える訳じゃないよ」と言ったけど 笑

それでも母には見える範囲が私には見えていないことに気づき、そして私の見え方は、目の前で自分の顔幅に前習えをした感じか、もしくは自分の顔幅に窓枠をはめて外を見ている感じなのかもと気づいたんです。

長年私も当たり前に健常者と同じように見えてるものだと思っていたので、自分の見え方の説明がこれで合っているのか、また他人との見え方の比較が出来ないのですが、私の見え方の図はこんな感じでしょうか?

c0331680_23064193.jpg

いつも使ってるフォトフレーム 笑

正面を見ると正面しか捉えられず上下左右は見切れているという意味でこの画像を選んだけど、健常者の通常視野の場合はこんな感じかな?

c0331680_20022103.jpg

緑内障と調べると、視界が黒く侵されていくイメージ画像が出ますが、視野欠損と言っても、私の場合は盲目の方のように真っ暗になる訳ではないので、フレームの外の白い部分は視界に入ればカラフルな世界が見えるのが不思議なところで、見たいなら顔を動かせば良いんですが…。

ただ先述の通り、2つ見たいものがある時は1つしかない顔を動かすと1つは視界から外れる訳で、転ばないように足元を見ながら歩いていると前から来る自転車にぶつかりそうになったり、その逆もあるのですが、眼科での検査結果を見て、子どもの頃から親に、「下見て!そこ段差あるから危ないよ。転ぶよ!」と言われて下見てたら、「ほら!前からも自転車来るから!何で今見てなかったの?両方見てないとぶつかるよ?」と散々注意されていたのに直せなかったのは、肢体不自由で避けるのが遅いということもあるけど、「こういうことだったんだ」と繋がったんです。

以前も書いたけど、学生の時から合唱コンクールや部活や卒業式で使う体育館の舞台やひな壇の上が怖かったり、駅のホームの最前列で電車を待てなかったりの恐怖心は、下側が見切れていたからなんだとかね。

置物につまづいたり外出先で人とぶつかったり、いつも探し物をしてて目の前にあるのに全然気づかないなんてことはよくあることだし、だからこそ私のように、外見は普通の子で自分ですら視野欠損に気づいてなくても、もしかしたら今、実は見えていない子がいるのかもと思うのです。

下肢麻痺は免許センターの運転免許適正検査の結果、麻痺が強いほうとは言え改造なしで利き足で取得可能となったのに、私にとっては身体の麻痺よりも視野欠損のほうが大きな問題なような気がしていました。

医師は「見えないのは下側だから、取りたければどうぞ」と言うし、他人にも、「乗れるよ~!まだ免許取ってなくて色々心配してるからだよ~!色々考えてるうちはムリだろうね~!」と言われることもあるのですが、そこは本当に画像のように正面しか見えていない自分の感覚を信じて、下肢麻痺や視野欠損やてんかん脳や注意欠陥等の理由で諦めました。

「車があれば身体の負担も減らせる」と思って前向きだっただけにかなり残念でしたが、迷いながら乗って何かあってからでは遅いですからね。

調べると私がした視野検査はきっと『静的視野検査』というものなので、『動的視野検査』も受けてみたいという気持ちもあるのですが、過去3回視野検査を行って同じ場所に視野欠損が認められることから、おそらく動的視野検査を行っても同じ結果になるんじゃないかと思っています。

c0331680_19260974.jpg

画像は『病院の検査の基礎知識』より拝借。問題があれば削除します。

視野検査をすると、(設定が自動であればネタバレになりそうですが)追ってボタンを押して反応し返さなきゃいけない光の点滅は『ピ ピ ピ ピ』のようにだいたい均等に起こるのに、「………。」「全然光らないなぁ」と思って待ってると、実は既に自分の見えない範囲で点滅してたりします。

それが私の場合は下側で、それ以外が光ると、またテンポよく始まる。

以前の私の視野検査結果が見たい方はリンクへ。

視野欠損は、運転免許の適正検査を受けただけでは分からなかったこと。自分で自分の視野欠損を把握して、自己申告しなきゃダメですね。

見えてないなんてまさかですよね。20歳で脳性麻痺を知らされた時、友人に『20年目の真実』と言ったけど、視野は『25年目の真実』でした 笑

以前医師には、「自分で何かおかしいと思ったから検査を受けようと思ったんですよね?自覚症状がありましたか?」と聞かれたことがあったけど、「私、自分の視野が狭い気がするんです。目の前のモノしか見えてないのは性格だと思っていたんですが、実際に他の人より見える範囲が少ないんじゃないかと思ってます。今度運転免許を取ろうと思っていて車に座ったら気がついたんですが、脳性麻痺もあるし、何か関係してるのかなと。一度調べてみたいです」と言ったのが、一番最初な気がします。

最初は皆、本当に問題があるなんて思ってなかったけど、検査結果の用紙を見たら思いっきり視野欠損していて、医師もビックリだった訳です 笑

トホホ…。

ちなみに先月の眼圧は右12・左13で、今点眼しているルミガンが無くなり次第、出生した病院の神経内科と大学病院の眼科に受診予定です。

かなり長くなり、また以前からの内容の重複もあったと思いますが、視野欠損はならないと実際のイメージは湧きにくいかなぁと、文にました。実際に体験出来たら一番良いのですが、何かの参考になれば幸いです。

[PR]
by ayanonano | 2017-03-28 12:00 | 視覚・斜視のこと | Comments(0)