1/22 (日) 19:00〜 バリバラ〝トイレ問題〟放送後


こんにちは!
日曜、前回お知らせしていたバリバラの〝トイレ問題〟は見ましたか?

今回の番組の内容は再放送もあるし次週も〝トイレ問題②〟があるようなのでここでは書きませんが、今日は私の〝トイレ問題〟についてを。

私やバリバラで放送されていたように、目には見えず人に言いにくいことでも障害者だからこそ困る“トイレ問題”があるんじゃないかなと思って。

排泄に関することは以前も記載したので、今日は、それ以外の2つを。

排泄に関しては「詳しい検査してもいいかもね」と言われながらまだ一度もしていないのですが、(内容:水分補給の量に比較して極端にトイレが近い・直前までトイレに行きたくなくても、今急に行きたくなる・腹圧が弱く時間がかかることがある)周囲にはずっと「首が悪いのでは?」と言われながらも、結局は「障害者にはそういう人も多い」ってことで、自分のペースを掴み対応出来ていれば、今はそれで良いということになりました。

が、あとの2つが意外と大事。
全然排泄とは関係ない問題。

一つ目は、『物忘れ』
短期記憶には弱い私。

今のことを今忘れる。
荷物を背後のフックに掛けると忘れることが多いので絶対前に掛ける。

で。
大事なのが、赤ちゃん用のチャイルドシートと、オムツ替え用のベッド!

後ろ側よりも前側のフックに掛けるけど、椅子やベッドがあればそれを下ろして荷物を置くようにして、荷物は必ず自分の視界に入るようにする。

私は独歩だし普段多目的トイレは使いませんが、〝記憶問題〟もあり、女子トイレの中でも荷物用になるべく大きな所に入るようにしています。

トイレに入ったら、便座よりもまずベビーシートかベビーベッドを出して荷物を置いてから用を足して、終わったらまた元通りにしまうというのは手間もかかるけど、一つずつ目で確認しながらの動作なので忘れ物がなく確実で、今では、どこのトイレに行っても決まった動きになっています。

2つ目は病院でのこと。
トイレの使用時間が長くなると高齢者の方に奇異な目で見られること。

トイレが近いので、終わってから手を洗ったらまたすぐしたくなるのはよくある話で、それだけで通常の2回分の時間がかかってしまいますが、それに加えてリハビリ前に着替えたりすると余計時間がかかってしまう。

着替えると言っても今は靴下の履き替えくらいですが、トイレには着替えボードも付いていてリハ助手の方からも「着替えるならここでいいからね」と言われているのに、終わって出ると高齢者から「何この子」の目。

確かに遅いけど、脳性麻痺だし「仕方ないじゃん(´Д` )」と思いながら…

無言で出た時に「え?」って顔されたので、2回目には「遅くなってすみません」って言いながら譲ったのに「遅いわねぇ」とヒソヒソ話されたりT^T

リハビリ室にもトイレがあって、空きを待つ患者さんに助手さんが「こっちにもトイレありますよ」って声掛けて下さることもあるから、少しでも自分の待ち時間が長いと、余計に患者さん同士でも「遅いわねぇ~」となる。

職員の方に話してる声と「着替えてるんじゃない?」って言われてるのが聞こえることもありますが、出るとたくさんの冷たい視線が…ってことも。

今度ヒソヒソ話されたら、「これこれこういう理由で遅くなりました」って言おうかな?と思いますが、色々な人がいてお互い様でしょ、って感じで。

最後は愚痴っぽくなってしまいましたが、私の〝トイレ問題〟は排泄だけではなく、必要なスペースやかかる時間にもありますという話でした!

[PR]
by ayanonano | 2017-01-24 12:00 | 日常のひとコマ | Comments(0)