日常生活動作 -私の起き上がりと寝返りの方法-


こんにちは(^^)

膝と足が痛い!

やっぱりご飯作りなど立っている時に反張膝になるから気をつけなきゃ。

今日は起き上がりと寝返りの話ですが、「私っていつもどうやって起き上がったり寝返ったりしてるんだろう」と思ったら、ほとんどが『手』でした。

上肢に頼った生活をした結果、握力は両手共に40を超えていた時もあり、腕相撲大会では男子を抜いて学年1位になったこともあったなぁと 笑

今はその片鱗も無い腕ですが、特別な起き上がりと寝返りの訓練をしていなくても、自然と麻痺のある方の動作の仕方と似ていき、「そうそう!私もこの形で動く!」という感じでした。 (「お前も麻痺患者だろ」って感じですが…笑)

起き上がりは横向きの状態でベッドの淵に手をかけてグッと押すか、うつ伏せの状態からプッシュアップで。寝返りは組んだ手をバンザイしてそれを横に振り倒した勢いで回るか、手を使って少しずつ身体を動かす。

寝返りは数日前は寝ぼけ眼でも前者の方法で自然にうまくいったのですが、何故かあまり成功しなくて、大抵は後者の方法で手を使っています。

もしもうまく寝返りが出来ずにずっと圧が同じ場所に掛かってしまっていたら、悪夢を見ることになって寝心地が悪いので、寝返りは大切です。

リハビリで、仰向けになった状態で「手は使わずにジーンズのポケットに向かうつもりで起き上がってきてごらん」と言われるけど腹筋なくてムリ。
リクライニングベッドのように上半身の高さをクッションなどで調整し45°にしてもらってから、療法士さんの介助で起き上がる訓練をしています。

地味にキツくて療法士さんも私もハァハァしてますがサポートに感謝!

知らず知らずのうちに身に付けた方法でも、腹筋が弱いからって全てを手に頼って動いたら、先に上肢を壊しまって後々動けないですよね~。

療法士さんに聞いたら、健常者はあまり手で起きないみたい。「手使っちゃダメ!ではないけど、腹筋もあったほうが負担軽減にはなるよ」と。

そっか。

伝わったかわかりませんが、私の寝返りと起き上がりの方法でした☆

[PR]
by ayanonano | 2016-11-15 12:00 | 診察・リハビリのこと | Comments(2)
Commented by 森紀美代 at 2016-11-17 17:40 x
あやのさん、こんばんは。
私は、まさしく手を使って起きています。

使えるところを使って起きていたら、そうなっちゃったというのが本当のところですが。

手には相当な負担がかかっているのは間違いないですね。

手を大事にしなきゃです。
Commented by ayanonano at 2016-11-17 18:23
> 森紀美代さん

ついつい手使っちゃいますよね。

楽だし、身体に染み付いたやり方ってすぐには変えられないし。
でも負担を減らすためにも、体幹とか鍛えられたらいいですね!