ホノルルマラソン完走の夢☆


昨日の話。

眠くて眠くて午後1時頃に起きたら見てはいけないものを見てしまった…

実業団対抗駅伝、
テレビでやってた。

今は走れない負けず嫌いの私は、人が走ってるのを見るとイラッとくる。

本当に悔しい。

なぜ走れる人と走れない人がいるのでしょうね?
走らない人が走りたくないと思ってる訳ではない。

うん。

ってなわけで、お出掛けは走れない代わりに、歩いて行ってしまった。
本当だったら電車で行こうと思っていたのに、感化とは凄いものだ 笑

私:「歩いて行こうー!」
私:「帰りも歩きでね!」

母:「どこまで∑(゚Д゚)?」
母:「えー!遠いよ?」

私:「走ってるヤツ見るとムカつくんだもん。悔しいから、私も歩くの!」
母:「あっそう 笑 本当に負けず嫌いだよね、私なら電車乗っちゃうね」

母:「あんたも(弟)走ったら?ayanoさんくらいガッツないとダメだよ!」

という会話をしてから出発しました。
寝ていた弟はとばっちりですよね 笑

このブログにも何度か書いていますが、学生時代は吹奏楽部だったので、体力作りの一環で筋トレと合わせてほぼ毎日、4kmは走ってました。

高校1〜2年の頃は走れたので30分程で、2年後半では40分くらいかけて、走れなくなってからは何とか一周(1.3km)歩いたり、見学したり…。

徐々に走れなくなっていきましたが、自分のペースで走れるもの(敵が自分)に限っては、マラソンも嫌いじゃないというか、むしろ好きな私で(^^)

一昨年、成人脳性麻痺(軽度アテトーゼ)でマラソン経験のある方に付き合っていただき、障害者スポーツせンター内を走ったの、楽しかったな。


今は靴もスニーカーじゃなくなっちゃったし、あの頃は無かった足の痛みも出ちゃったし、あれからはまだ一度も走れてないんですけどね(^_^;)

(まだ〝まずは皇居ランで練習!〟案も未実施です 笑)

でも未だに私の目標は『30までにホノルルマラソンを走る』なのです!「笑わないでね、本気ですから!」って、あと2年なのですけれどね 笑

22歳からの病院リハビリも、元々ホノルルマラソン完走が目標だったので、(本気)このまま健康で居続け、絶対に参加しないとダメなのです。

そう思うと自分のことに忙しく、「身体が痛い・履く靴がない・スポーツ選手を見ると悔しい・PTさんと合わない」等言っている暇はないのです!

ですが皆さん、もしまた走ることの出来る年齢が30歳を越えてしまっても、待っていて下さいね。私は絶対、また走れるように頑張りますっ☆
[PR]
by ayanonano | 2016-11-04 12:00 | 日常のひとコマ | Comments(0)