受診をしても痛みは消えず…。


疼痛から一夜明け、診察とリハビリのために病院に受診してきました。

帰りには私の癖のある歩き方で痛みが戻ってしまったから、結局今は昨日と変わらないくらいなのですが、病院にいた時は一旦収まってました♪

診察で動かしたからリハビリで動かしたから痛みが出たということではなくて、そもそもがズキズキしてたので、今日は何をしても痛かったんだけど、診察では股関節がガクッとズレたあとにすぐに戻ったことや、痛みが続いていることを診てもらった他、肘の内側の骨の痛みを報告しました。

股関節は医師が色々動かして「あ、イッタ∑(゚Д゚)!」って言っちゃいましたが(笑)痛めた左脚はメチャクチャ硬くて「ギーッ」って感じで動いてた 笑

きっと以前通院していた病院なら、「硬すぎる!」で一蹴りされそうだから、今の私の甘すぎる取り組みを見ても話にならないんだろうなぁと思いつつ、逆流性食道炎の影響でかなり体重が落ちたので、横になると骨盤の骨がベッドに当たったりするし、細くなった手首で今まで通りに荷物を運んでも、負担になって痛みに繋がってたりするんだろうなぁと思った。

今日はレントゲン撮影が一番キツかった。

実はレントゲン撮影中に技師さんに言われる「息止めて下さい」って私は守らずに普通に呼吸しちゃってるのですが(止めると筋緊張でビクッと動いちゃうので)
痛みがある状態なのに「あっち向いて、こっち向いて」ってキツイなぁと。

以前の通院先は腰や股関節の撮影は体幹や下肢を止めておける器具があったので身体を預けていればいいだけのような気がしたんだけど、今回はどんな姿勢でも自分でキープしてなくてはダメで、かなり疲れた。

一枚撮影する毎に「ホント痛い…」とか思いながら、途中から脱力だけしてまな板の鯉状態だったのに、極め付けに「荒川静香のイナバウアーみたいな感じで!」と言われ、思わず吹き出してしまいました(≧∇≦)笑

そのあとはリハビリ。

なかなか痛みが収まらず、でもトレーニングはしつつで時間が掛かったリハビリでしたが、体力の無い私を合間に気遣ってくれ、助かりました。
中枢疾患に対しての理解もあるしスキルアップのために近々資格試験も受けるそうで、そんな療法士さんに診ていただけることが有難いです。

昨日までは雨で膝や足がズキズキしていましたが、今はマレット指の調子も悪くなってしまって、気づけば手を組んでマッサージしています…。

本当は、こうやって文字を打ったり、起きていて食事するのも大変で、食事すると横になれないから飲み物だけを飲んだら寝ることもあるけど、疼痛や倦怠感の中では、飲む・吸うという動作すらキツイ時もあったり。

何でしょう?
痛みはキツイ。

脳が憶えてしまうので、あまり痛みのセンサーを過敏には反応させたくないのですが、もはや呼吸をしていることすら辛くなってきちゃいました。

はぁ。
とりあえず横になりますが、早く痛みなく本調子に戻りたいですぅ(´Д` )
[PR]
by ayanonano | 2016-10-18 17:45 | 診察・リハビリのこと | Comments(0)