そのタバコは外で吸え!


私の両親はタバコを吸う。
2人共ヘビースモーカー。

「ストレスの解消法がタバコなら、別に私は吸ってもいいと思う。自分の体が影響を受けることは自己責任でね。ただ、外で吸えとは言わないけど、せめて換気扇の下には行って欲しい。それって、最低限の配慮。」

一億回言った。

障害の話をすると、泣くことがある母。
緑内障だと伝えた日には、泣いた母。

でも私はもう、本当の涙がどれか分からない。
だったらタバコの配慮をしてくれるはずだから。

また吸っている…。
全て私が吸い込む。

気付いてるのかな?

そのタバコが障害の原因になっていることを。
受動喫煙の方が肺癌リスクが高くなることを。

望まれた命なのかも分からないままで、
せめて癌の治療費は残してほしい最近。
[PR]
by ayanonano | 2016-09-27 18:00 | 日常のひとコマ | Comments(2)
Commented by ひまわり at 2016-09-28 10:41 x
お久しぶりです。あやのさんも大変そうですね…。
私は実家の人達に対しては「期待しない。しょうがない」って諦めることにしました。
自分の気持ちは変えられても、人の気持ちは相手次第、対人関係でこちらができる努力は50%残りの50%は相手次第。
自分のココロを無駄に疲れさせないために、私は「ま、しょうがない」って思う事にしちゃいました。
あやのさんは、私のようにならずに、ご両親と歩み寄れたり理解しあえたりできたら良いですね。
体調の回復とご家族との関係が良くなる事を心から願ってます。
Commented by ayanonano at 2016-10-01 16:17
〉ひまわりさん

お久しぶりです!

最近は私も、あまり考えすぎないようにしています。
ひまわりさんの仰るとおり、50%は相手次第ですし、
あまり私だけが期待して待ちすぎても疲れるので…。

私の母は一緒に買い物などに出かけても、レストランが全席禁煙だと「え〜!無理…」と言ってそもそも入って来ないので、途中で必ず別行動になるんですよ。「食事の間数十分くらい我慢出来ないものか?」と、私としては「あなたが無理」と少し寂しいですが 笑 所詮何を言っても泣かれても、そのくらいにしか想われてないんだなと、割り切って生活しています。

って愚痴でスミマセン。。。