“かかりつけ医”で医療費削減できるのか?


先程夕方にテレビニュースを付けたら「“かかりつけ医”で医療費削減できるのか?」とやっていた。
と同時に、「街の声」としてインタビューされていた人が言っていたことに、激しく同意した私 笑

テレビを付けた瞬間に聞こえてきた声に「そうだそうだ!」と思って、今、記事にしています^^;

平日休診日あって土日祝日休みで診療は夕方までで夜間は居ない。
何のためのかかりつけ医なのか分からなくなっちゃいますよね 笑

私の住んでいる地域にはどの科でも良い病院が無く、(本当に切実なことです。)
私は初診時に市外者受診料を支払っても市外の病院に受診している科もあります。
神経内科とか、私の市で頭痛なんて言ったら頭部を切られてしまいそうなので^^;
先生との相性は微妙だったけど、正しい判断のお陰で今は一切頭痛はありません。

大きな病院で良い所が無いから、市外に行くか、科ごとに行くクリニックを分けてる。
そうすると周囲に必ず言われるのは、「えΣ(゚д゚lll)?病院分けてるの?」ということ。
「いっぱい診察券持ってイチイチ説明したり遠くまで受診するの大変じゃない?」と。
「脳性麻痺は複雑だし一つにまとめて一人の先生に見てもらった方が楽じゃん」と。
そういう時は「面倒だけど、私の住んでる所は良い病院無いんだよ~」と言ったり。

考えてみれば、今までリハビリなどでお世話になっている整形外科も全て市外です。
もし骨折したら自宅で冷やして翌日市外の病院まで頑張って自分で通院すると思うし
解放骨折してたとしても、市内で緊急処置した翌日には転院希望出してるはずです 笑

「緊急時に市外で!と言ってたら時間が無くて命が危ぶまれるかな?」と思いつつ、
「市内にしても良い病院が無いから、結局は命が危ないなぁ」なんて思ってたり。
そんな時は、どっちにしろ「そういう宿命だった」と死んでいくしかないかなとか^^;

良い病院で経験を積んだ理解ある先生を見つけて受診してるけど、そこがクリニック。
救急受診は出来なくて、いざと言う時にどうしたらいいか、得策が見つかってない私。

「皆がどこかで良い先生に出会い、一貫して診てもらえたら楽だよな」と思いつつ、
「環境が整ってる人ばかりではないから掛かりつけ医も難しいな」と思った私でした。
今は単科で受診している私ですが、コレは本当に他人事ではないニュースでした!
[PR]
by ayanonano | 2016-02-11 01:20 | 日常のひとコマ | Comments(0)