2016年初リハビリ


久々の病院リハビリ。

何ヶ月も間が空いた、かなり久々な気がしてしまうけど、3週間ぶり。

3週間前の病院リハビリから帰る途中でつまづいて捻挫したことやお正月に家でつまづいて打撲したこと、既にそのどちらも治っていることを報告。
緑内障のことは迷ったけど、まだ詳しい検査や今後のことは決まっていないから、きちんとした結果が出たら話そうと思って、今回は言わなかった。

先生は私がリハビリに熱を注いでいることを分かっているから、「リハビリは普段通り」のほうが嬉しい。

PTさんは私と同い年。

年齢的にはまさに同級生でありながら、もう立派な社会人として、私の 先生 で居てくれています。

同い年2人が先生対患者になることは「え~?やりづらくないの?」「私はムリ」と言われるけれど、
前の病院のPTさんが一つ上の方と一つ下の方だったこともあり、3人目の今は、慣れてしまいました。

むしろプライベートでは同じ感覚だろうと思うと、「私こそしっかりしなければ!」と自立になります。
ジェネレーションギャップが無いので、ただリハビリだけに集中できるというのも嬉しいことだったり。

本当にありがたい。

熱心すぎて有り難すぎるけど付いて行くのが大変なリハビリを、今年も二人三脚で頑張ろうと思います 笑

[PR]
by ayanonano | 2016-01-16 17:00 | 診察・リハビリのこと | Comments(0)