眠れないままの長い夜


朝まで眠れないままで過ごす夜の静けさほど、長いものはありません。

『自分を生きる』ことにプレッシャーを感じてしまって、落ち着かない夜を過ごしました。
誰に何を言っても・誰と何を話しても、最後の気持ちは、自分が処理するしかないから。
「私はこれから自分に起こる全ての変化を自分一人で受け止めて生きていけるのか」と。

本当の恐怖に襲われたときは涙を流す余裕もなくて、身体が震える経験をしたことを考えれば全然大した事はないし、
単純に眼科での視野のことや足の痛みなどたまたま2件続いたから、少し苦しくなってしまっただけなんですけどね。

「自分の身体だから自分がしっかりしなければ!」と、いつも、容赦なく突きつけられる現実に、その都度気丈に対峙してきたつもりだったけど、

やっぱり普段は気張っているのか、ふとした時に「あと何十年もこの連続…。私、大丈夫かな?」という思いが頭をかすめると、不意な涙が…。

それが聞くべきこと・知りたいことで、自分から質問した事だとしても。

ただ、頼り下手なのです。
長女の性なのかな (笑)

それでも、私は私を生きなきゃいけないから。
だからこそ今日からまた、自分がしっかりと。

自分 という芯を通して、
ただ、前だけを見つめて。

(これを書いたのは5:00頃。でも起きたら8:00。結局寝られたので、心配しないで下さい^^;)

足が痛い><
気休めにでも湿布を貼っていないと、痛みで頭がいっぱいになるけど、

今日もガンバロー^^!
[PR]
by ayanonano | 2015-12-18 13:05 | 日常のひとコマ | Comments(0)