流血、訳ありポテトサラダ


こんな時間にブログ更新です。
一気に涙がこぼれてきたあと、気持ちが収まらず、書きに来ました。

「どうしても今日作りたい」と先程23時から始めたポテトサラダ作り。
「こんな時間にやらなくても」と言われつつ早く作って寝る予定でした。

まずじゃがいもをチンしてふかす前に皮を剥こうとピーラを使ったら、
スパッと爪にひっかけてしまいピーラーで爪の先を切ってしまいました。

スライサーで指まで切ったという話は聞きますがピーラーで切れるんだ。
100均のくせに妙に切れ味が良くて危ないと思っていたんですよね~!
調理中の怪我と転倒は気をつけないとと思っていたのに血がポタポタ。

何とか片手で料理を続け、出来たポテトサラダが写真なんですけどね♪

料理中に怪我なんかしたことないからビビリの私は焦りまくりでしたが、
怪我をするってことはそれだけ料理をしてるってことかもしれませんね。
騒いだ割に、最初に突っ込んだのはじゃがいもを洗っていた泥水の中 w

「どこで手洗ってんの?!」と言われる、気持ちと行動が一致しない私 w
でも、悲しくなって涙が出てきてしまったのは、血を見たからじゃない。
悩んできたことを思い起こして、それと怪我を関連付けてしまったから。

実は私、自分に発達障害があるんじゃないかと思っていているんです。
遺伝よりも生きていく時間が長いと考えたら環境のほうが大切だけど、
性格なのか個性なのか特性なのか、気が散りやすく衝動性もあるかと。

頭の中は、常にいろ~んなことで頭が一杯で渦巻いて生活しています。
ポテトサラダも、止められても「今から作りたい!」気持ちが止まらず、
「ハムがないよ」と言われても止めず、生ハムを茹でてまで加えました。
こんな時「ゆっくり明日作ったらいいんじゃない?」が通用しません。

そもそも一度ポテトサラダは作ってこのブログにも載せたと思いますが
どうも写真が気にくわず一昨日コールスローサラダを作り直したんです。
そしたらサラダ同士どうしても同じお皿でポテトサラダも作りたくなり
「明日まで待てない」と衝動的に行動し、深夜の料理が始まったんです。

指を切ったピーラーを使っていた時、全然違う話をしている最中でした。
一人で料理している時も、手や身体の動きと頭は違うことを考えていて、
本当に集中しようとすれば、テレビを消したり、一切無音の中でになる。

だから、「危ない」って思う所は沢山あるのに、それ以上集中できない。
かと言って座ってパソコンに向かうと過集中になりサッと文が仕上がる。

ここ数年、年々集中できなくなっていく時間や場面が増えてる気がして
だけど集中すれば変われる気がして気を付ければいいと思ってました。
脳性麻痺との関連も私は断言できずこのブログにも書かずにいました。

だけど今回不注意で切ってしまい、更に注意力散漫を自覚したりして、
「あぁ…こうやって年々自分の中で統率が取れなくなっていくんだな…」
そう思ったら怪我よりもその事実に悲しくなってきてしまったんです。

「たまたまよそ見して喋ってたからでしょ。」
「疲れてるのに遅くから始めるからだよ!」
「やっと最近料理に慣れてきたってこと!」

そう思う人はいると思います。でも、自分だから感じることもあります。

「脳性麻痺者だから不自由だから料理が出来ない」は理由にならない。
体調に不具合を抱えるからこそ、栄養バランスを考えて手作りが大事!
そう思う中でやっと見つけた自分にもできることが料理だったんです。
だからこそ怪我をした理由を考えたらちょっとショックだったんです。

昨年末、絨毯の下に隠れてる飼い猫に気付かず踏んだ時にも、泣いた私。
ゴメンねと泣いたんじゃなくて、視野欠損の現実を突き付けられたから。
「一つ一つ出来ることが無くなる」ということが辛すぎたからなんです。

はぁ。

書き終わった。
今の自分の思い。

これでスッキリです。
また料理してみたい。

怪我したからって料理を辞めずまた落ち着いたら始めたいと思います。

明日から元気になろう!
皆さんおやすみなさい☆

[PR]
by ayanonano | 2015-11-22 02:15 | 日常のひとコマ | Comments(0)