「ロフストランドクラッチを持つことをどう思いますか?」への結論


昨日はリハビリ。
今日は、装具診。

病院の診察時間内に装具屋さんに来ていただいて、ロフストランドクラッチを使って試歩行してみました。
昨日のリハビリ前に私が診察で「杖を使いたい」と言ったから、「明日試してみたらいいよ」となったので。

そして今日、装具屋さんが「試しに持って来ました」というロフストランドクラッチで試歩行。
結果、「足痛は杖を持っても消えないから、杖を持つべきか分からなくなった^^;」と私。
それに、「ほらね、だから昨日言ったじゃん!杖は想像してる程楽じゃないよって」と医師。
(数回しか診察したことないのに、脳性麻痺の診察に慣れていて、かなり気さくな方です 笑)

◆診察目的
歩行時に杖を持つことについてどう思うか、医師の考えを聞きたい

◆診察でのやりとり
・杖を持ちたいと思っている→何で???
・右足が痛くなるから → そっか。(納得)
・腰が反ってくる → インソール + 意識で維持可能では?
・長く歩いていると疲れる → それは杖関係ないじゃんw
・杖を持てば解決するかも?→寄りかかって休むためにあるんじゃない

◆医師の意見
・今の状態での杖は勧めない。
・杖を持つ方がバランスを崩す。
・杖を持つほうが疲れるし邪魔。

・余程悪くない限り自分で歩いたほうがいい。
(軽度の人が杖を持たないのはそういう理由)
・でも、杖を持つこと自体は悪いことではない。
・CPにT字は安定しないから持つならロフスト。

こういう流れがあって、今日の杖で試歩行をしてみることにしたのです。
申し訳ないけど初耳の〇〇義肢から来た担当者さんと色々試した結果

これからも独歩で居続けることにしました。

私より少し年上そうな笑顔が素敵なお兄さんに「CPには見えない!」
「××義肢さん知ってるの詳しいですね」→「前に病院勤務だったので」
などと色々と話しながら、結局、まだ杖は持たないことに決めました。

「これは全然可愛くないし、もっと選んだ方がいい」と言われたけど、
「歩けるのは凄いこと。歩けるなら歩いたほうが良い」と言われたから。

「あなたは医学的に見て「絶対に杖が必要です!」という程度ではない。杖があるほうが安心と言うなら傍に置いておくことも悪くはないけど、杖を持つと今まで維持してきた美しい歩容が崩れてる。私は杖はいらないと思う。『歩けるなら歩く』これが一番いい。」と、医師に言われたから。

装具屋さんに色々聞かれたから、「全然分からないんです~。先生は杖はいらないって言ったんだけど、私が持ちたいって言ったから。今日試してみて、私が杖って大変なんだなぁ…って思ったら、そのまま杖を持つことを諦めてもらおうってことだと思います。」と失礼なことを伝えた私^^;

それを聞いて「まぁ物は試しということですかね」と装具屋さん爆笑w
医師の思い通り、「杖を使いたい」私の気持ちは、少し薄くなりました。

10年前、「寝たきりになったらどうしよう…」と思う程反っていた腰。
地道にリハビリし続けた結果、真っ直ぐに維持できるようになった体幹。
今の機能を出来るだけ長く・大切にして生きようと思うことができた。

「超軽度のayanoだからこそ、伝えられることを伝えてね」と言った友達。
昨日のPTで「杖いらないと思うよ。筋肉を付けなさい」と言われた身体。

歩こう。
もう少し独歩で頑張ります。


[PR]
by ayanonano | 2015-09-02 20:25 | 診察・リハビリのこと | Comments(2)
Commented by 森紀美代 at 2015-09-03 12:01 x
あやのさんこんにちは。
ロフストランド杖は、思っている以上に手や腕に力がいるかも!?

ドクターや理学療法士の先生が必要ないでしょうということなら、杖は使わずに生活していって下さい。

本当にもう無理と思ったときでも遅くはないと思います。

頼らないつもりでも使いはじめるとどうしても頼ってしまうので、それがあやのさんにとっていいことなのか?ってちょっと思います。
Commented by 森紀美代 at 2015-09-03 12:08 x
先程の続きですが、後になって後悔しないためにも私だったら、(あやのさんの状態だったら)まだ使わないかなっという思いで書きました。

でも、無理をしすぎないでね。