2014年9月9日の言葉


悔し泣きで涙が止まらなかった。

どう自分を諭したって、

羨ましいことは羨ましいままだし、
出来ないことは、出来ないから。

物事を軽く考えてた人たちに、

明日治らない病気で体が動かなくなるなら
「今日をどう過ごすのか?」 聞いてみたいし、

自分も自分で、
いつも「いいなぁ」ばっかり。

そう思うなら、
動いてみて、やればいい。

明日死ぬと分かっていたなら、
「私はどう動くのだろう?」

そのくらいの気持ちで、毎日を大切にしたい。
[PR]
by ayanonano | 2015-07-25 19:25 | 過去に綴った詩 | Comments(0)