学童保育指導員としての思い出 -抱っこやおんぶのこと-


雨だから?
何となく身体が重ダルく凝りが気になる中、自宅リハビリ前に前職の話。
 

新卒時は一般枠での就活で、大学時代に取得した教員免許を活かして学童保育指導員として就職しました。

仕事内容は、両親の共働きなどで家庭で一人になってしまう児童を、放課後から夜まで預かろうというもの。
平日は4時間は立ちっぱなし、春休み・夏休み・冬休みなどの長期休暇では、朝の8時から夜の7時まで仕事のうち5時間は外遊び、長期休暇中のお昼は取れたら15分というもの。

休日に友人に会う度に「ねぇ、何それ?鳶でもちゃんと休憩取ってお昼ご飯食べてるよ!」と言われつつ、「本当に良く動いてるよなぁ」と自負することで、何とか続きました。

私も指導員だから、子供たちの安全を守りつつ保育(一緒に遊ぶ)をしないといけないのですが、常々子供たちに言っていたことがありました。

①私が走るのはケガやケンカ等の緊急時だけ:走れなくもなかったですが、要求に応え続けているとキリがないのでこのように伝えていました。

②急に押したらダメ:私が押されて転ぶと子供たちも一緒に転んでしまい危ないので、「ふざけて急に押すのは絶対ダメ」だと伝えていました。

③私が抱っこをするのは壁に寄りかかっている時だけ:子どもに「抱っこしてぇ~!」とせがまれても、周囲に支えのない状態では断りました。


私は他の先生方のように身軽に動けないし、子供と一緒に激しく遊んであげることもできないけど、学生時代から「一度は教育関係の仕事に就きたい」とずっと思っていたから、仕事内容に苦は全くありませんでした。

私に「変な歩き方~!」と言ったり、斜視を「どこ見てるの?」と言ったり、時には子供たちの言葉が刺さることもありましたが、「私だからこそ伝えられることがある」思って話すと理解してくれ、優しい子どもたちでした。

私が好きで指導員をしておきながら、私の身体的な状況から、実際は「ダメ・ダメ」の連続で、我慢させていることも多いなぁと感じていました。

「抱っこしてよぉ~!」と言われても困った時には「お姉さんになったらしてあげる」なんて言って「もぉ~!それっていつ~?お姉さんになっても絶対抱っこしてくれないんでしょ~。」なんていうやり取りもありました。

身体的には負担の多い仕事で、結局学童指導員の仕事は1年で辞めてしまったのですが、退職後に教室を訪ねると、嬉しいことがありました。

全く何も準備していなかった私に次々に子どもが飛びついてきて、「先生~♡ 私、お姉ちゃんになったよ。もう抱っこしてくれるよね♡」って。

以前から「お姉ちゃんになったら抱っこしてあげるね」と言っていたのは私だから、もちろん順番に抱っこしてあげました。

ずっと療養続きで、やりたいことができなかった私が経験した、夢のような貴重な時間。子どもたちに助けられ感謝でした♪


[PR]
by ayanonano | 2015-05-29 15:00 | 就職・仕事のこと | Comments(0)