脳性麻痺を理解しよう-痙直型脳性麻痺者の特徴-


  今回は、『痙直型脳性麻痺者に見られる特徴』を記載します。

痙直型脳性麻痺者に見られる特徴としては、主に、反射・筋緊張・関節硬縮・尖足です。それらの反応が無意識下に起きていることもポイントです。
なお、例)では自分自身の体験を記載しましたが、痙直型脳性麻痺者と似た特徴を持つ脊髄損傷の方の動画URLもお借りし、記載しています。

◆反射
・伸張反射(ジャックナイフ現象)
筋肉が急に引き伸ばされた時に、筋肉が無意識に急激に収縮すること。動かし始めは強い抵抗があるが、徐々に抵抗は弱くなる。速く動かすほど抵抗は強く感じ、遅く動かすほど徐々に柔らかく感じる。

・腱反射亢進(クローヌス)
ハンマーで叩いた時に、膝が跳ね上がる等。筋肉が緩んでいる状態で腱に刺激を加えると、その部位が収縮する。

・びっくり反射(驚愕反射)
突然声を掛けられたり大きな音や不快な刺激を感じると、急激な筋肉の収縮が起こる。物理的な刺激も誘引になるが、心理的緊張でもびっくり反射が起こる。

例)式典や葬式など静かな雰囲気で緊張していると、音が鳴る度に脚がビクンッと動く。
例)レントゲン撮影時に「動かないで」と言われる等「動かしちゃいけない」と余計に意識しすぎると、逆に身体に力が入り、身体がビクンッと動いてしまう。

◆筋緊張(痙縮)
筋肉が常に一定方向に引っ張られてつぱっている状態。痙直型の脳性麻痺者では、障害された部位(四肢や体幹など)に筋緊張が発生している。緊張が強いことを過緊張と言い、過緊張の状態では反射が亢進する。

例)麻痺部を早く動かす・叩く・擦る・ぶつける・冷やすなど不快な物理的刺激を与えると、筋緊張は増加する。
例)会社や学校でプレゼンをする場合等、沢山の人から注目されることを意識しすぎると身体に無意識に力が入ってしまい、下肢が緊張することで歩行がぎこちなくなる。

◆関節拘縮(可動域制限)
本来関節が持つ動く範囲(可動域)を何らかの原因で動かせない・動かさない状態でいると、動く範囲が徐々に狭くなってしまうこと。

◆(内反)尖足
つま先で立っているように足首が伸び、かかとが床に着かなくなっている状態のこと。ふくらはぎの筋肉やアキレス腱が短縮していることで、足先が(内側)下方向に曲がったまま戻らなくなってしまっている。

上記の特徴を持つ痙直型脳性麻痺者は一般的に、動作が緩慢と言われることが多い。

↓ 参考動画 ↓



題:『脊損在宅ガイドstep by step』
制作・著作:NPO法人日本せきずい基金 独立行政法人福祉医療機構(高齢者・障害者福祉基金)助成事業


※脳性麻痺と脊髄損傷は別疾患です。

[PR]
by ayanonano | 2014-10-27 19:50 | 脳性麻痺のこと | Comments(3)
Commented by 森紀美代 at 2014-10-27 21:03 x
あやのさん。


こんばんは。


私も痙直型両下肢麻痺です。厳密にいえば、四肢麻痺なのかも!?上肢は今のところ大きな支障はありませんが…

自分自身の障害のタイプのことがよくわかりました。

ありがとうございました。
Commented by 森紀美代 at 2014-10-28 16:55 x
あやのさん。

こんにちは。


ひとつお尋ねしたいことがあって。
また、教えていただけたら嬉しいです。


麻痺と筋緊張の度合いはイコールなのかどうか?っということです。

私は筋緊張が強い方なので。
Commented by ayanonano at 2014-11-02 17:55
〉紀美代さん
あくまで私が脳性麻痺の症状と向き合ってきた上で得た知識や情報なので、参考程度にしていただけたらと思います。
(もちろん違う点があればご指摘くださいね)
私個人の意見としては、麻痺の強い方のほうが、筋緊張が強く出るものだと思っております。