脳性麻痺とは何? -脳性麻痺の定義からわかること-


今日は、脳性麻痺とは何?という話。

脳性麻痺とは?―脳性麻痺の定義


受胎から生後4週以内の新生児までの間に生じた、脳の非進行性病変に基づく永続的な、しかし変化しうる運動および姿勢の異常である。その症状は満2歳までに発現する。進行性疾患や一過性運動障害、または将来正常化するであろうと思われる運動発達遅延は除外する。

(1968年 厚生労働省脳性麻痺研究班)

上記の定義から以下のことが分かります。

■妊娠してから出生後4週間までの間に発生する。
■発生した脳の病変は進行することはないが、将来に渡りずっっと残る。
■脳の病変によって生じた障害は、運動機能と姿勢の機能に影響する。
■運動機能と姿勢の異常と症状は、(おおよそ)2歳頃までに発生する。
■運動機能と姿勢の異常の状態は、変化してゆく。
■脳性麻痺は進行性の疾患ではないが、障害は永続する為治らない。
(根本的な治療法・治療薬はない。)

上記の定義は1968年のもので、医学の発展からすると昔のものになります。脳性麻痺の定義内容は時を経ても大筋では変わっていませんし、脳性麻痺が今も昔も根本的な治療法がないのは変わっていません。

もし受胎から出生後4週間後位までの間に脳に生じた何らかの器質的障害によって「脳性麻痺」と診断されたら、今の医学では根本的な治療法・治療薬はありません。そのため、脳性麻痺によってもたらされた生涯に渡って続く様々な障害と共に、生きていかなければいけないのです。

しかし、ここ十数年位の間に患者と医療者に徐々に分かってきたこと、だけどまだ浸透しきらないこととして、「二次障害」があります。

脳性麻痺という「一次障害」に対して、“脳性麻痺の身体”でいることにより様々な所に無理がたたって生じた「二次障害」と呼ばれています。

「二次障害」に関しては、また今度。
今日はまず、脳性麻痺の定義でした。


[PR]
by ayanonano | 2014-09-11 18:53 | 脳性麻痺のこと | Comments(0)